商品詳細ページ | 信毎の本 オンラインショップ | 黒部の太陽
1500
0
黒部の太陽
https://shop.shinmai.co.jp/books/products/detail.php?product_id=1500
木本 正次 定価 本体800円+税 文庫判 372ページ
1992年
ISBN978-4-7840-9216-1 C0193 1千万人に及ぶ巨大な人間の集団が働いた黒部の谷底。そそり立つコンクリートの岩壁に積み重なった7年の歳月の重さ-。黒部ダムを含む黒部川第四発電所の建設プロジェクト(通称くろよん)は、戦後の経済復興の本格化に伴う電力不足を受け、昭和31年に着手、38年に完成した。高さは186メートルで国内一。昭和39年、毎日新聞に連載された同名の記録小説に、数十枚の加筆を行ったこの作品は、「黒四で苦労した大勢の人たちの、人間の記録を書きたい。この工事で殉職した171人の人々のために、紙碑を立てたい」という著者、木本正次の強い意志によって産み出された。当時の関西電力会長、太田垣士郎は「ぜひ、生きた、血の通った文学の碑を立ててください。殉職者に限らず、黒四で苦労した人たちのために、どうか人間の記録を残してください」と答えたという。

※書店に旧帯(黄色、または石原裕次郎・三船敏郎のもの)の本が並んでいることがありますが、内容は同じです。
https://shop.shinmai.co.jp/books/upload/save_image/11251808_56557a9452015.jpg
文芸・評論・エッセー
800
木本 正次 定価 本体800円+税 文庫判 372ページ
1992年
ISBN978-4-7840-9216-1 C0193 1千万人に及ぶ巨大な人間の集団が働いた黒部の谷底。そそり立つコンクリートの岩壁に積み重なった7年の歳月の重さ-。黒部ダムを含む黒部川第四発電所の建設プロジェクト(通称くろよん)は、戦後の経済復興の本格化に伴う電力不足を受け、昭和31年に着手、38年に完成した。高さは186メートルで国内一。昭和39年、毎日新聞に連載された同名の記録小説に、数十枚の加筆を行ったこの作品は、「黒四で苦労した大勢の人たちの、人間の記録を書きたい。この工事で殉職した171人の人々のために、紙碑を立てたい」という著者、木本正次の強い意志によって産み出された。当時の関西電力会長、太田垣士郎は「ぜひ、生きた、血の通った文学の碑を立ててください。殉職者に限らず、黒四で苦労した人たちのために、どうか人間の記録を残してください」と答えたという。

※書店に旧帯(黄色、または石原裕次郎・三船敏郎のもの)の本が並んでいることがありますが、内容は同じです。
10

黒部の太陽

黒部の太陽
商品コード: 978-4-7840-9216-1

黒部の太陽

販売価格: 864 円
関連カテゴリ:

文芸・評論・エッセー


0人がお気に入り登録しています。

個  数

カゴに入れる

木本 正次
定価 本体800円+税
文庫判 372ページ
1992年
ISBN978-4-7840-9216-1 C0193
1千万人に及ぶ巨大な人間の集団が働いた黒部の谷底。そそり立つコンクリートの岩壁に積み重なった7年の歳月の重さ-。黒部ダムを含む黒部川第四発電所の建設プロジェクト(通称くろよん)は、戦後の経済復興の本格化に伴う電力不足を受け、昭和31年に着手、38年に完成した。高さは186メートルで国内一。昭和39年、毎日新聞に連載された同名の記録小説に、数十枚の加筆を行ったこの作品は、「黒四で苦労した大勢の人たちの、人間の記録を書きたい。この工事で殉職した171人の人々のために、紙碑を立てたい」という著者、木本正次の強い意志によって産み出された。当時の関西電力会長、太田垣士郎は「ぜひ、生きた、血の通った文学の碑を立ててください。殉職者に限らず、黒四で苦労した人たちのために、どうか人間の記録を残してください」と答えたという。

※書店に旧帯(黄色、または石原裕次郎・三船敏郎のもの)の本が並んでいることがありますが、内容は同じです。

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

商品閲覧履歴

まだ閲覧履歴がありません。
 

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ログイン

商品検索

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力