商品詳細ページ | 信毎の本 オンラインショップ | 一茶おらが春 板画巻
1932
0
一茶おらが春 板画巻
https://shop.shinmai.co.jp/books/products/detail.php?product_id=1932
板画・現代語訳 森 貘郎/監修 矢羽 勝幸 定価 本体1800円+税 A4判横変型 72ページ
2008年10月
ISBN978-4-7840-7090-9

信州柏原が生んだ俳人、小林一茶を知っていますか。長野県千曲市在住の板画家・森貘郎さんの板画24枚と、森さんの訳、一茶研究の第一人者である矢羽勝幸二松学舎大教授の監修による現代語で読ませる新しい「おらが春」が、現代に甦りました。

「おらが春」は文政2年一年間に一茶が書いた発句、見聞、随想などを時系列にまとめた日記体句文集。文章も発句も、俳人一茶を代表する内容で、没後25年がたってからの初版発行以来、関東大震災で版木が焼失するまで増刷を繰り返し、一茶の名前を定着させた名作です。

今回は、矢羽教授の解説に、「おらが春」全原文も収録。改めて、一茶の世界を堪能できる1冊をお贈りします。
https://shop.shinmai.co.jp/books/upload/save_image/book_oragaharu.jpg
文芸・評論・エッセー
小林一茶
1800
板画・現代語訳 森 貘郎/監修 矢羽 勝幸 定価 本体1800円+税 A4判横変型 72ページ
2008年10月
ISBN978-4-7840-7090-9

信州柏原が生んだ俳人、小林一茶を知っていますか。長野県千曲市在住の板画家・森貘郎さんの板画24枚と、森さんの訳、一茶研究の第一人者である矢羽勝幸二松学舎大教授の監修による現代語で読ませる新しい「おらが春」が、現代に甦りました。

「おらが春」は文政2年一年間に一茶が書いた発句、見聞、随想などを時系列にまとめた日記体句文集。文章も発句も、俳人一茶を代表する内容で、没後25年がたってからの初版発行以来、関東大震災で版木が焼失するまで増刷を繰り返し、一茶の名前を定着させた名作です。

今回は、矢羽教授の解説に、「おらが春」全原文も収録。改めて、一茶の世界を堪能できる1冊をお贈りします。
10

一茶おらが春 板画巻

商品コード: 978-4-7840-7090-9

一茶おらが春 板画巻

販売価格: 1,944 円

0人がお気に入り登録しています。

個  数

カゴに入れる

よく一緒に購入されている商品

この商品と猫と一茶 1,296 円 をあわせて買う

一茶おらが春 板画巻

+

猫と一茶

合計価格: 3,240 円

ポイントの合計: 0 Pt

カゴに入れる

この商品とちひろと一茶 1,728 円 をあわせて買う

一茶おらが春 板画巻

+

ちひろと一茶

合計価格: 3,672 円

ポイントの合計: 0 Pt

カゴに入れる

板画・現代語訳 森 貘郎/監修 矢羽 勝幸
定価 本体1800円+税
A4判横変型 72ページ
2008年10月
ISBN978-4-7840-7090-9


信州柏原が生んだ俳人、小林一茶を知っていますか。長野県千曲市在住の板画家・森貘郎さんの板画24枚と、森さんの訳、一茶研究の第一人者である矢羽勝幸二松学舎大教授の監修による現代語で読ませる新しい「おらが春」が、現代に甦りました。

「おらが春」は文政2年一年間に一茶が書いた発句、見聞、随想などを時系列にまとめた日記体句文集。文章も発句も、俳人一茶を代表する内容で、没後25年がたってからの初版発行以来、関東大震災で版木が焼失するまで増刷を繰り返し、一茶の名前を定着させた名作です。

今回は、矢羽教授の解説に、「おらが春」全原文も収録。改めて、一茶の世界を堪能できる1冊をお贈りします。

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

商品閲覧履歴

まだ閲覧履歴がありません。
 

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ログイン

商品検索

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力