商品詳細ページ | 信毎の本 オンラインショップ | 流れのままに 善光寺大本願鷹司誓玉上人自伝
1950
0
流れのままに 善光寺大本願鷹司誓玉上人自伝
https://shop.shinmai.co.jp/books/products/detail.php?product_id=1950
鷹司 誓玉 著(聞き書き/北原広子) 定価 本体1600円+税 四六判上製 264ページ
2009年02月
ISBN978-4-7840-7101-2

 2009年、7年に1度の御開帳を迎える善光寺。いかなる宗派にも属さず、すべての人々を受け入れる善光寺には浄土宗大本願と天台宗大勧進に2人の住職がいることは有名ですが、このうち大本願は全国で唯一の浄土宗尼僧寺院の大本山であることはあまり知られていません。大本願住職は善光寺上人を兼ね、現在121世を数える歴代上人は代々、皇室とゆかりのある公家や、大名家に連なる女性が継承し、格式高い尼僧寺院を守ってきました。
 現在の121世鷹司誓玉上人は藤原氏につながる五摂家のひとつ、鷹司家の出身。慶応大学の卒業後、大学助手としての社会人生活を経て入山しました。その当時は、幼い頃から仏門に入る尼僧が多かったため、25歳での入山は全国的に大きな話題を集めたといいます。
 その鷹司上人が、華族の暮らしぶりがわかる少女時代、出家を決意した青春時代から、入山後の研究生活、善光寺や仏教界、尼僧の行く先までを語りました。貴重な写真も多数掲載。ベールに包まれてきた尼僧の生活はもちろん、跡継ぎ探しや尼僧の在り方に心を砕くさまには、全国の尼僧のトップとしての責任の重みや大本山としての格式の高さゆえの悩みも感じられ、ひとりの女性の生き様を読み取ることができます。
https://shop.shinmai.co.jp/books/upload/save_image/book_nagarenomamani.jpg
旅・歴史
社会・ノンフィクション
哲学・宗教
1600
鷹司 誓玉 著(聞き書き/北原広子) 定価 本体1600円+税 四六判上製 264ページ
2009年02月
ISBN978-4-7840-7101-2

 2009年、7年に1度の御開帳を迎える善光寺。いかなる宗派にも属さず、すべての人々を受け入れる善光寺には浄土宗大本願と天台宗大勧進に2人の住職がいることは有名ですが、このうち大本願は全国で唯一の浄土宗尼僧寺院の大本山であることはあまり知られていません。大本願住職は善光寺上人を兼ね、現在121世を数える歴代上人は代々、皇室とゆかりのある公家や、大名家に連なる女性が継承し、格式高い尼僧寺院を守ってきました。
 現在の121世鷹司誓玉上人は藤原氏につながる五摂家のひとつ、鷹司家の出身。慶応大学の卒業後、大学助手としての社会人生活を経て入山しました。その当時は、幼い頃から仏門に入る尼僧が多かったため、25歳での入山は全国的に大きな話題を集めたといいます。
 その鷹司上人が、華族の暮らしぶりがわかる少女時代、出家を決意した青春時代から、入山後の研究生活、善光寺や仏教界、尼僧の行く先までを語りました。貴重な写真も多数掲載。ベールに包まれてきた尼僧の生活はもちろん、跡継ぎ探しや尼僧の在り方に心を砕くさまには、全国の尼僧のトップとしての責任の重みや大本山としての格式の高さゆえの悩みも感じられ、ひとりの女性の生き様を読み取ることができます。
10

流れのままに 善光寺大本願鷹司誓玉上人自伝

商品コード: 978-4-7840-7101-2

流れのままに 善光寺大本願鷹司誓玉上人自伝

販売価格: 1,728 円

0人がお気に入り登録しています。

個  数

カゴに入れる

よく一緒に購入されている商品

この商品と信州魅惑の寺 お寺で遊ぶ・学ぶ・和む 1,620 円 をあわせて買う

流れのままに 善光寺大本願鷹司誓玉上人自伝

+

信州魅惑の寺 お寺で遊ぶ・学ぶ・和む

合計価格: 3,348 円

ポイントの合計: 0 Pt

カゴに入れる

鷹司 誓玉 著(聞き書き/北原広子)
定価 本体1600円+税
四六判上製 264ページ
2009年02月
ISBN978-4-7840-7101-2


 2009年、7年に1度の御開帳を迎える善光寺。いかなる宗派にも属さず、すべての人々を受け入れる善光寺には浄土宗大本願と天台宗大勧進に2人の住職がいることは有名ですが、このうち大本願は全国で唯一の浄土宗尼僧寺院の大本山であることはあまり知られていません。大本願住職は善光寺上人を兼ね、現在121世を数える歴代上人は代々、皇室とゆかりのある公家や、大名家に連なる女性が継承し、格式高い尼僧寺院を守ってきました。
 現在の121世鷹司誓玉上人は藤原氏につながる五摂家のひとつ、鷹司家の出身。慶応大学の卒業後、大学助手としての社会人生活を経て入山しました。その当時は、幼い頃から仏門に入る尼僧が多かったため、25歳での入山は全国的に大きな話題を集めたといいます。
 その鷹司上人が、華族の暮らしぶりがわかる少女時代、出家を決意した青春時代から、入山後の研究生活、善光寺や仏教界、尼僧の行く先までを語りました。貴重な写真も多数掲載。ベールに包まれてきた尼僧の生活はもちろん、跡継ぎ探しや尼僧の在り方に心を砕くさまには、全国の尼僧のトップとしての責任の重みや大本山としての格式の高さゆえの悩みも感じられ、ひとりの女性の生き様を読み取ることができます。

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

商品閲覧履歴

まだ閲覧履歴がありません。
 

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ログイン

商品検索

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力