商品詳細ページ | 信毎の本 オンラインショップ | 見つけよう信州の昆虫たち 身近な自然の昆虫図鑑
1963
0
見つけよう信州の昆虫たち 身近な自然の昆虫図鑑
https://shop.shinmai.co.jp/books/products/detail.php?product_id=1963
田下昌志・丸山潔・福本匡志・小野寺宏文編 定価 本体2500円+税 B6判 320ページ
2009年07月
ISBN978-4-7840-7117-3

長野県内で見られる昆虫1400種を生態編と標本編にわけて掲載した、オールカラーの昆虫図鑑が誕生しました。
信州は南北200キロ、東西130キロの全国で4番目に大きな県。南北に長い上、日本の屋根と言われる3000メートル級の山々が連なり、裾野に高原が広がる火山も多くあります。こうした地形は多種多様な植生を生み、その影響を受けて長野県には2万種を超える昆虫が分布すると考えられており、チョウは日本に生息するおよそ6割にあたる150種が分布。種数は全国1位です。本書は県内生息のチョウ150種、クワガタ15種を完全収録しました。
また、昆虫の見つけ方、捕まえ方、飼い方をわかりやすく図解、昆虫たちの種類の見分け方も詳細に説明しました。さらには、標本の作り方、バタフライガーデン(チョウを呼べる庭)、ビオトープ(トンボや水辺の生き物を呼べる環境)の作り方など、もりだくさんの内容です。本の大きさも小さめで、野外での昆虫採集に持ち運び便利な上、カバーの端にスケールを付け、捕まえた虫の大きさをすぐに測れるように工夫しました。
夏本番!虫や自然に目を向けたくなる季節です。「こんな本がもっと早くほしかった!」。こんな声があちこちから聞こえてきそうな昆虫図鑑。夏休みの自由研究のネタ本として、昆虫採集のお供に。また日ごろ子供と接する時間が少ない元昆虫少年のお父さんにもぴったりです。
https://shop.shinmai.co.jp/books/upload/save_image/book_konchutachi.jpg
自然・科学
2500
田下昌志・丸山潔・福本匡志・小野寺宏文編 定価 本体2500円+税 B6判 320ページ
2009年07月
ISBN978-4-7840-7117-3

長野県内で見られる昆虫1400種を生態編と標本編にわけて掲載した、オールカラーの昆虫図鑑が誕生しました。
信州は南北200キロ、東西130キロの全国で4番目に大きな県。南北に長い上、日本の屋根と言われる3000メートル級の山々が連なり、裾野に高原が広がる火山も多くあります。こうした地形は多種多様な植生を生み、その影響を受けて長野県には2万種を超える昆虫が分布すると考えられており、チョウは日本に生息するおよそ6割にあたる150種が分布。種数は全国1位です。本書は県内生息のチョウ150種、クワガタ15種を完全収録しました。
また、昆虫の見つけ方、捕まえ方、飼い方をわかりやすく図解、昆虫たちの種類の見分け方も詳細に説明しました。さらには、標本の作り方、バタフライガーデン(チョウを呼べる庭)、ビオトープ(トンボや水辺の生き物を呼べる環境)の作り方など、もりだくさんの内容です。本の大きさも小さめで、野外での昆虫採集に持ち運び便利な上、カバーの端にスケールを付け、捕まえた虫の大きさをすぐに測れるように工夫しました。
夏本番!虫や自然に目を向けたくなる季節です。「こんな本がもっと早くほしかった!」。こんな声があちこちから聞こえてきそうな昆虫図鑑。夏休みの自由研究のネタ本として、昆虫採集のお供に。また日ごろ子供と接する時間が少ない元昆虫少年のお父さんにもぴったりです。
10

見つけよう信州の昆虫たち 身近な自然の昆虫図鑑

商品コード: 978-4-7840-7117-3

見つけよう信州の昆虫たち 身近な自然の昆虫図鑑

販売価格: 2,750 円
関連カテゴリ:

自然・科学


0人がお気に入り登録しています。

個  数

カゴに入れる

よく一緒に購入されている商品

この商品とホタルと暮らす ゲンジボタルその不思議な一生 1,540 円 をあわせて買う

見つけよう信州の昆虫たち 身近な自然の昆虫図鑑

+

ホタルと暮らす ゲンジボタルその不思議な一生

合計価格: 4,290 円

ポイントの合計: 0 Pt

カゴに入れる

この商品といっしょに探そう野山の花たち 花色と形でわかる野草図鑑 2,200 円 をあわせて買う

見つけよう信州の昆虫たち 身近な自然の昆虫図鑑

+

いっしょに探そう野山の花たち 花色と形でわかる野草図鑑

合計価格: 4,950 円

ポイントの合計: 0 Pt

カゴに入れる

田下昌志・丸山潔・福本匡志・小野寺宏文編
定価 本体2500円+税
B6判 320ページ
2009年07月
ISBN978-4-7840-7117-3


長野県内で見られる昆虫1400種を生態編と標本編にわけて掲載した、オールカラーの昆虫図鑑が誕生しました。
信州は南北200キロ、東西130キロの全国で4番目に大きな県。南北に長い上、日本の屋根と言われる3000メートル級の山々が連なり、裾野に高原が広がる火山も多くあります。こうした地形は多種多様な植生を生み、その影響を受けて長野県には2万種を超える昆虫が分布すると考えられており、チョウは日本に生息するおよそ6割にあたる150種が分布。種数は全国1位です。本書は県内生息のチョウ150種、クワガタ15種を完全収録しました。
また、昆虫の見つけ方、捕まえ方、飼い方をわかりやすく図解、昆虫たちの種類の見分け方も詳細に説明しました。さらには、標本の作り方、バタフライガーデン(チョウを呼べる庭)、ビオトープ(トンボや水辺の生き物を呼べる環境)の作り方など、もりだくさんの内容です。本の大きさも小さめで、野外での昆虫採集に持ち運び便利な上、カバーの端にスケールを付け、捕まえた虫の大きさをすぐに測れるように工夫しました。
夏本番!虫や自然に目を向けたくなる季節です。「こんな本がもっと早くほしかった!」。こんな声があちこちから聞こえてきそうな昆虫図鑑。夏休みの自由研究のネタ本として、昆虫採集のお供に。また日ごろ子供と接する時間が少ない元昆虫少年のお父さんにもぴったりです。

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

商品閲覧履歴

まだ閲覧履歴がありません。
 

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ログイン

商品検索

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力