商品詳細ページ | 信毎の本 オンラインショップ | 槍ヶ岳とともに 穂苅家三代と山荘物語
2024
0
槍ヶ岳とともに 穂苅家三代と山荘物語
https://shop.shinmai.co.jp/books/products/detail.php?product_id=2024
菊地俊朗 著 定価 本体1000円+税 四六判 並製 208ページ
2012年04月
ISBN978-4-7840-7189-0 C0095

標高3180メートル、国内5位の高さを誇る名峰、槍ヶ岳。若くして槍ヶ岳に魅せられた穂苅三寿雄さんが大正6年、槍沢に山小屋を設けて以来、穂苅家は山頂直下の山荘の当主として、槍ヶ岳とともに歩いてきました。本書は、95年にわたる山荘経営の歴史を、豊富な未公開写真とともに綴った貴重な記録です。穂苅家三代の当主は、江戸時代後期に前人未踏の槍ヶ岳を開山した播隆上人の研究者として、またそれぞれが山岳写真家としても活躍しており、知られざるエピソードも満載です。著者は信濃毎日新聞社OBで山岳ジャーナリストの菊地俊朗さん。

●目次
第1章 穂苅三代
第2章 槍への道
第3章 山荘の年輪
第4章 穂先をめぐって
第5章 思い出の人々
第6章 山小屋の舞台裏
第7章 引き継ぐ播隆研究
第8章 写真と穂苅家
https://shop.shinmai.co.jp/books/upload/save_image/book_yarigake.jpg
山岳・高原
1000
菊地俊朗 著 定価 本体1000円+税 四六判 並製 208ページ
2012年04月
ISBN978-4-7840-7189-0 C0095

標高3180メートル、国内5位の高さを誇る名峰、槍ヶ岳。若くして槍ヶ岳に魅せられた穂苅三寿雄さんが大正6年、槍沢に山小屋を設けて以来、穂苅家は山頂直下の山荘の当主として、槍ヶ岳とともに歩いてきました。本書は、95年にわたる山荘経営の歴史を、豊富な未公開写真とともに綴った貴重な記録です。穂苅家三代の当主は、江戸時代後期に前人未踏の槍ヶ岳を開山した播隆上人の研究者として、またそれぞれが山岳写真家としても活躍しており、知られざるエピソードも満載です。著者は信濃毎日新聞社OBで山岳ジャーナリストの菊地俊朗さん。

●目次
第1章 穂苅三代
第2章 槍への道
第3章 山荘の年輪
第4章 穂先をめぐって
第5章 思い出の人々
第6章 山小屋の舞台裏
第7章 引き継ぐ播隆研究
第8章 写真と穂苅家
10

槍ヶ岳とともに 穂苅家三代と山荘物語

商品コード: 978-4-7840-7189-0

槍ヶ岳とともに 穂苅家三代と山荘物語

販売価格: 1,100 円
関連カテゴリ:

山岳・高原


0人がお気に入り登録しています。

個  数

カゴに入れる

よく一緒に購入されている商品

この商品と槍 穂高 空と雲のあいだに 2,200 円 をあわせて買う

槍ヶ岳とともに 穂苅家三代と山荘物語

+

槍 穂高 空と雲のあいだに

合計価格: 3,300 円

ポイントの合計: 0 Pt

カゴに入れる

菊地俊朗 著
定価 本体1000円+税
四六判 並製 208ページ
2012年04月
ISBN978-4-7840-7189-0 C0095


標高3180メートル、国内5位の高さを誇る名峰、槍ヶ岳。若くして槍ヶ岳に魅せられた穂苅三寿雄さんが大正6年、槍沢に山小屋を設けて以来、穂苅家は山頂直下の山荘の当主として、槍ヶ岳とともに歩いてきました。本書は、95年にわたる山荘経営の歴史を、豊富な未公開写真とともに綴った貴重な記録です。穂苅家三代の当主は、江戸時代後期に前人未踏の槍ヶ岳を開山した播隆上人の研究者として、またそれぞれが山岳写真家としても活躍しており、知られざるエピソードも満載です。著者は信濃毎日新聞社OBで山岳ジャーナリストの菊地俊朗さん。

●目次
第1章 穂苅三代
第2章 槍への道
第3章 山荘の年輪
第4章 穂先をめぐって
第5章 思い出の人々
第6章 山小屋の舞台裏
第7章 引き継ぐ播隆研究
第8章 写真と穂苅家

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

商品閲覧履歴

まだ閲覧履歴がありません。
 

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ログイン

商品検索

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力