商品詳細ページ | 信毎の本 オンラインショップ | 古道を歩く 戸隠神社五社めぐり
2038
0
古道を歩く 戸隠神社五社めぐり
https://shop.shinmai.co.jp/books/products/detail.php?product_id=2038
監修・越志徳門(戸隠神社責任役員)、文・堀井謙一、写真・今井達 定価 本体1400円+税 A5判並製オールカラー 176ページ
2013年03月
ISBN978-4-7840-7202-6 C0026

奥社、中社、宝光社、九頭龍社、火之御子社の五社からなり、日本神話の「天の岩戸」開きや「天孫降臨」に功績のあった神さまを祀る戸隠神社は、平安時代に修験道の道場として開かれました。「戸隠山顕光寺」という神仏混淆の寺院として栄えた後、江戸時代には徳川家の手厚い保護を受けて信仰を集めましたが、明治初めの神仏分離で名前を「戸隠神社」に変えて現在に至ります。本書は季節ごとの古道の風景をとらえた写真を多用し、戸隠信仰や神社の歴史を解説する案内ガイドの決定版です。
https://shop.shinmai.co.jp/books/upload/save_image/book_togakushigosha.jpg
旅・歴史
哲学・宗教
1400
監修・越志徳門(戸隠神社責任役員)、文・堀井謙一、写真・今井達 定価 本体1400円+税 A5判並製オールカラー 176ページ
2013年03月
ISBN978-4-7840-7202-6 C0026

奥社、中社、宝光社、九頭龍社、火之御子社の五社からなり、日本神話の「天の岩戸」開きや「天孫降臨」に功績のあった神さまを祀る戸隠神社は、平安時代に修験道の道場として開かれました。「戸隠山顕光寺」という神仏混淆の寺院として栄えた後、江戸時代には徳川家の手厚い保護を受けて信仰を集めましたが、明治初めの神仏分離で名前を「戸隠神社」に変えて現在に至ります。本書は季節ごとの古道の風景をとらえた写真を多用し、戸隠信仰や神社の歴史を解説する案内ガイドの決定版です。
10

古道を歩く 戸隠神社五社めぐり

商品コード: 978-4-7840-7202-6

古道を歩く 戸隠神社五社めぐり

販売価格: 1,512 円
関連カテゴリ:

旅・歴史

哲学・宗教


0人がお気に入り登録しています。

個  数

カゴに入れる

よく一緒に購入されている商品

この商品と北国街道を歩く 究極の歩き方70 1,836 円 をあわせて買う

古道を歩く 戸隠神社五社めぐり

+

北国街道を歩く 究極の歩き方70

合計価格: 3,348 円

ポイントの合計: 0 Pt

カゴに入れる

この商品と塩の道 歩けば旅びと 千国街道をゆく 1,836 円 をあわせて買う

古道を歩く 戸隠神社五社めぐり

+

塩の道 歩けば旅びと 千国街道をゆく

合計価格: 3,348 円

ポイントの合計: 0 Pt

カゴに入れる

この商品と歩こう神秘の森 戸隠 1,512 円 をあわせて買う

古道を歩く 戸隠神社五社めぐり

+

歩こう神秘の森 戸隠

合計価格: 3,024 円

ポイントの合計: 0 Pt

カゴに入れる

監修・越志徳門(戸隠神社責任役員)、文・堀井謙一、写真・今井達
定価 本体1400円+税
A5判並製オールカラー 176ページ
2013年03月
ISBN978-4-7840-7202-6 C0026


奥社、中社、宝光社、九頭龍社、火之御子社の五社からなり、日本神話の「天の岩戸」開きや「天孫降臨」に功績のあった神さまを祀る戸隠神社は、平安時代に修験道の道場として開かれました。「戸隠山顕光寺」という神仏混淆の寺院として栄えた後、江戸時代には徳川家の手厚い保護を受けて信仰を集めましたが、明治初めの神仏分離で名前を「戸隠神社」に変えて現在に至ります。本書は季節ごとの古道の風景をとらえた写真を多用し、戸隠信仰や神社の歴史を解説する案内ガイドの決定版です。

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

商品閲覧履歴

まだ閲覧履歴がありません。
 

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ログイン

商品検索

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力