商品詳細ページ | 信毎の本 オンラインショップ | 【信毎選書】信州の鉄道物語(下) 走り続ける鉄道編
2102
0
【信毎選書】信州の鉄道物語(下) 走り続ける鉄道編
https://shop.shinmai.co.jp/books/products/detail.php?product_id=2102
小林宇一郎・小西純一 監修、信濃毎日新聞社 編 定価 本体1400円+税 四六判並製 314ページ 2014年6月 ISBN978-4-7840-7237-8 C0326 昭和62(1987)年に刊行し、好評を得た『信州の鉄道物語』は、現在も各種鉄道関連書で参考とされる、信州の鉄道の歴史を知るバイブル的な存在です。この“名著"を、信毎選書としてリニューアル復刊させます。 初版の文章は原則そのままに、廃線・未完成路線を上巻の「消え去った鉄道編」、現役路線を「走り続ける鉄道編」として再構成しました。本文には、この27年間分の変化に合わせた注釈を付けたほか、各路線の年表は最近の動向までを補完。下巻では路線ごとに、新幹線開業や路線廃止などの動きを「その後の○○線」として原稿を追加して最新の動きまでが分かる内容に充実しました。さらに、全編にわたって新たに発掘した貴重な写真を多数掲載しています。 長野県内の鉄道は、北陸新幹線の開業・延伸やリニア中央新幹線計画が現実になる一方、在来線の経営分離や廃止、合理化などが進み、全国的にみても大きな変化をし続けています。こんなときだからこそ、地域の鉄道の発祥の歴史や、先人が込めた希望に目を向けたい――。そんな思いを込めた四半世紀ぶりの復刊です。 【収録路線】 信越本線/中央本線/篠ノ井線/飯田線(伊那電気鉄道・三信鉄道)/小海線(佐久鉄道)/大糸線(信濃鉄道)/飯山線(飯山鉄道)/上田交通・別所線(現・上田電鉄)/長野電鉄/松本電気鉄道・上高地線(現・アルピコ交通)/関電トンネルトロリーバス ※ご注意 掲載路線は、初版当時の内容・構成のままとなっています。北陸(長野)新幹線やしなの鉄道は、初版当時は現役路線だったため、路線項目としての紹介はありません。信越本線、飯山線等、関連路線の「その後」や、年表の中で触れています。
https://shop.shinmai.co.jp/books/upload/save_image/06151117_539d02560f504.jpg
旅・歴史
信毎選書
日本図書館協会選定図書
1400
小林宇一郎・小西純一 監修、信濃毎日新聞社 編 定価 本体1400円+税 四六判並製 314ページ 2014年6月 ISBN978-4-7840-7237-8 C0326 昭和62(1987)年に刊行し、好評を得た『信州の鉄道物語』は、現在も各種鉄道関連書で参考とされる、信州の鉄道の歴史を知るバイブル的な存在です。この“名著"を、信毎選書としてリニューアル復刊させます。 初版の文章は原則そのままに、廃線・未完成路線を上巻の「消え去った鉄道編」、現役路線を「走り続ける鉄道編」として再構成しました。本文には、この27年間分の変化に合わせた注釈を付けたほか、各路線の年表は最近の動向までを補完。下巻では路線ごとに、新幹線開業や路線廃止などの動きを「その後の○○線」として原稿を追加して最新の動きまでが分かる内容に充実しました。さらに、全編にわたって新たに発掘した貴重な写真を多数掲載しています。 長野県内の鉄道は、北陸新幹線の開業・延伸やリニア中央新幹線計画が現実になる一方、在来線の経営分離や廃止、合理化などが進み、全国的にみても大きな変化をし続けています。こんなときだからこそ、地域の鉄道の発祥の歴史や、先人が込めた希望に目を向けたい――。そんな思いを込めた四半世紀ぶりの復刊です。 【収録路線】 信越本線/中央本線/篠ノ井線/飯田線(伊那電気鉄道・三信鉄道)/小海線(佐久鉄道)/大糸線(信濃鉄道)/飯山線(飯山鉄道)/上田交通・別所線(現・上田電鉄)/長野電鉄/松本電気鉄道・上高地線(現・アルピコ交通)/関電トンネルトロリーバス ※ご注意 掲載路線は、初版当時の内容・構成のままとなっています。北陸(長野)新幹線やしなの鉄道は、初版当時は現役路線だったため、路線項目としての紹介はありません。信越本線、飯山線等、関連路線の「その後」や、年表の中で触れています。
10

【信毎選書】信州の鉄道物語(下) 走り続ける鉄道編

商品コード: 978-4-7840-7237-8

【信毎選書】信州の鉄道物語(下) 走り続ける鉄道編

販売価格: 1,512 円

0人がお気に入り登録しています。

個  数

カゴに入れる

よく一緒に購入されている商品

この商品と【信毎選書】信州の鉄道物語(上) 消え去った鉄道編 1,512 円 をあわせて買う

【信毎選書】信州の鉄道物語(下) 走り続ける鉄道編

+

【信毎選書】信州の鉄道物語(上) 消え去った鉄道編

合計価格: 3,024 円

ポイントの合計: 0 Pt

カゴに入れる

この商品と信州観光パノラマ絵図 鳥瞰図でたどる大正~昭和初期の鉄道・山岳・温泉 1,836 円 をあわせて買う

【信毎選書】信州の鉄道物語(下) 走り続ける鉄道編

+

信州観光パノラマ絵図 鳥瞰図でたどる大正~昭和初期の鉄道・山岳・温泉

合計価格: 3,348 円

ポイントの合計: 0 Pt

カゴに入れる

この商品と長野県鉄道全駅〔増補改訂版〕 2,160 円 をあわせて買う

【信毎選書】信州の鉄道物語(下) 走り続ける鉄道編

+

長野県鉄道全駅〔増補改訂版〕

合計価格: 3,672 円

ポイントの合計: 0 Pt

カゴに入れる

小林宇一郎・小西純一 監修、信濃毎日新聞社 編
定価 本体1400円+税
四六判並製 314ページ
2014年6月
ISBN978-4-7840-7237-8 C0326


昭和62(1987)年に刊行し、好評を得た『信州の鉄道物語』は、現在も各種鉄道関連書で参考とされる、信州の鉄道の歴史を知るバイブル的な存在です。この“名著"を、信毎選書としてリニューアル復刊させます。
初版の文章は原則そのままに、廃線・未完成路線を上巻の「消え去った鉄道編」、現役路線を「走り続ける鉄道編」として再構成しました。本文には、この27年間分の変化に合わせた注釈を付けたほか、各路線の年表は最近の動向までを補完。下巻では路線ごとに、新幹線開業や路線廃止などの動きを「その後の○○線」として原稿を追加して最新の動きまでが分かる内容に充実しました。さらに、全編にわたって新たに発掘した貴重な写真を多数掲載しています。
長野県内の鉄道は、北陸新幹線の開業・延伸やリニア中央新幹線計画が現実になる一方、在来線の経営分離や廃止、合理化などが進み、全国的にみても大きな変化をし続けています。こんなときだからこそ、地域の鉄道の発祥の歴史や、先人が込めた希望に目を向けたい――。そんな思いを込めた四半世紀ぶりの復刊です。

【収録路線】
信越本線/中央本線/篠ノ井線/飯田線(伊那電気鉄道・三信鉄道)/小海線(佐久鉄道)/大糸線(信濃鉄道)/飯山線(飯山鉄道)/上田交通・別所線(現・上田電鉄)/長野電鉄/松本電気鉄道・上高地線(現・アルピコ交通)/関電トンネルトロリーバス

※ご注意
掲載路線は、初版当時の内容・構成のままとなっています。北陸(長野)新幹線やしなの鉄道は、初版当時は現役路線だったため、路線項目としての紹介はありません。信越本線、飯山線等、関連路線の「その後」や、年表の中で触れています。

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

商品閲覧履歴

まだ閲覧履歴がありません。
 

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ログイン

商品検索

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力