商品詳細ページ | 信毎の本 オンラインショップ | 【信毎選書】「ちゅうくらい」という生き方 俳人一茶の思想はどこからきたか
2152
0
【信毎選書】「ちゅうくらい」という生き方 俳人一茶の思想はどこからきたか
https://shop.shinmai.co.jp/books/products/detail.php?product_id=2152
渡邊 弘 著 定価 本体1,400円+税 四六判並製 330ページ 2015年11月 ISBN978-4-7840-7275-0 C0395 信濃町出身の俳人、小林一茶の俳句の根底を流れる人生観はどのように形成されたのか。一茶が生きた時代とその生涯、そして作品から導き出した「ちゅうくらい」という思想についての評論。著者は俳諧教師一茶の研究者である作新学院大学人間文化学部長の渡邊弘教授。多くの俳句解説を絡めながら、わかりやすく一茶の思想形成について論じます。巻末に一茶の略年譜付き。信毎選書の17冊目。 【目次】 ●第1章 一茶とその時代  第1節 文化・文政期という時代/第2節 信州柏原の風土と四季/第3節 当時の柏原の生活 ●第2章 一茶の生涯  第1節 幼き日/第2節 出郷~俳諧の群れへ~/第3節 西国行脚~修養の旅~/第4節 漂泊の日々~房総巡回~/第5節 帰郷~妻子の死と終焉~ ●第3章 一茶の思想  第1節 子ども観の背景と特徴/第2節 一茶の子ども観に見る〈共感〉〈信頼〉〈賛美〉のまなざし/第3節 一茶の生命観に見る〈うつくし〉から〈五分の魂〉/第4節 一茶の生命観は〈無常〔はかなさ〕〉と〈逞しさ〉へ/第5節 一茶の世界観・人生観/第6節 一茶の思想の継承 ●小林一茶の生涯[略年譜]
https://shop.shinmai.co.jp/books/upload/save_image/11051800_563b1a95398f8.jpg
文芸・評論・エッセー
小林一茶
信毎選書
1400
渡邊 弘 著 定価 本体1,400円+税 四六判並製 330ページ 2015年11月 ISBN978-4-7840-7275-0 C0395 信濃町出身の俳人、小林一茶の俳句の根底を流れる人生観はどのように形成されたのか。一茶が生きた時代とその生涯、そして作品から導き出した「ちゅうくらい」という思想についての評論。著者は俳諧教師一茶の研究者である作新学院大学人間文化学部長の渡邊弘教授。多くの俳句解説を絡めながら、わかりやすく一茶の思想形成について論じます。巻末に一茶の略年譜付き。信毎選書の17冊目。 【目次】 ●第1章 一茶とその時代  第1節 文化・文政期という時代/第2節 信州柏原の風土と四季/第3節 当時の柏原の生活 ●第2章 一茶の生涯  第1節 幼き日/第2節 出郷~俳諧の群れへ~/第3節 西国行脚~修養の旅~/第4節 漂泊の日々~房総巡回~/第5節 帰郷~妻子の死と終焉~ ●第3章 一茶の思想  第1節 子ども観の背景と特徴/第2節 一茶の子ども観に見る〈共感〉〈信頼〉〈賛美〉のまなざし/第3節 一茶の生命観に見る〈うつくし〉から〈五分の魂〉/第4節 一茶の生命観は〈無常〔はかなさ〕〉と〈逞しさ〉へ/第5節 一茶の世界観・人生観/第6節 一茶の思想の継承 ●小林一茶の生涯[略年譜]
10

【信毎選書】「ちゅうくらい」という生き方 俳人一茶の思想はどこからきたか

商品コード: 978-4-7840-7275-0

【信毎選書】「ちゅうくらい」という生き方 俳人一茶の思想はどこからきたか

販売価格: 1,512 円

0人がお気に入り登録しています。

個  数

カゴに入れる

よく一緒に購入されている商品

この商品と続 四季の一茶 1,620 円 をあわせて買う

【信毎選書】「ちゅうくらい」という生き方 俳人一茶の思想はどこからきたか

+

続 四季の一茶

合計価格: 3,132 円

ポイントの合計: 0 Pt

カゴに入れる

この商品と猫と一茶 1,296 円 をあわせて買う

【信毎選書】「ちゅうくらい」という生き方 俳人一茶の思想はどこからきたか

+

猫と一茶

合計価格: 2,808 円

ポイントの合計: 0 Pt

カゴに入れる

渡邊 弘 著
定価 本体1,400円+税
四六判並製 330ページ
2015年11月
ISBN978-4-7840-7275-0 C0395

信濃町出身の俳人、小林一茶の俳句の根底を流れる人生観はどのように形成されたのか。一茶が生きた時代とその生涯、そして作品から導き出した「ちゅうくらい」という思想についての評論。著者は俳諧教師一茶の研究者である作新学院大学人間文化学部長の渡邊弘教授。多くの俳句解説を絡めながら、わかりやすく一茶の思想形成について論じます。巻末に一茶の略年譜付き。信毎選書の17冊目。

【目次】
●第1章 一茶とその時代
 第1節 文化・文政期という時代/第2節 信州柏原の風土と四季/第3節 当時の柏原の生活
●第2章 一茶の生涯
 第1節 幼き日/第2節 出郷~俳諧の群れへ~/第3節 西国行脚~修養の旅~/第4節 漂泊の日々~房総巡回~/第5節 帰郷~妻子の死と終焉~
●第3章 一茶の思想
 第1節 子ども観の背景と特徴/第2節 一茶の子ども観に見る〈共感〉〈信頼〉〈賛美〉のまなざし/第3節 一茶の生命観に見る〈うつくし〉から〈五分の魂〉/第4節 一茶の生命観は〈無常〔はかなさ〕〉と〈逞しさ〉へ/第5節 一茶の世界観・人生観/第6節 一茶の思想の継承
●小林一茶の生涯[略年譜]

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

商品閲覧履歴

まだ閲覧履歴がありません。
 

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ログイン

商品検索

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力