商品詳細ページ | 信毎の本 オンラインショップ | 信州の縄文時代が実はすごかったという本
2190
0
信州の縄文時代が実はすごかったという本
https://shop.shinmai.co.jp/books/products/detail.php?product_id=2190
藤森英二 著 定価 本体2,000円+税 A5判並製オールカラー 134ページ 2017年2月 ISBN978-4-7840-7299-6 C0021 さぁ、5000年前の八ヶ岳山ろくの縄文の旅へ―。今の信州・諏訪地方を中心に大繁栄した縄文時代の中期へと、若手研究者が案内するビジュアルガイドです。信州の縄文のすごさは、「縄文のビーナス」「仮面の女神」で知られる国宝土偶だけではありません。芸術品とも呼べる土器・土偶や、遠方からも注目を集めた信州産黒曜石など、意外と知られていない魅力にあふれています。大昔の信州がなぜ栄えたのか、縄文人の暮らしぶりもまじえ、写真とイラスト図をふんだんに使って解説します。著者は「縄文農耕論」で知られる諏訪の考古学者・故藤森栄一氏の孫で、長野県・北相木村考古博物館の学芸員。 【内容】 ●はじめに ●序章 信州の山河と、縄文時代への旅(プロローグ/そもそも縄文時代っていつ?/縄文時代の不思議をちょっと聞いてみました) ●第一章 繁栄の秘密(八ヶ岳の懐/何が彼らを支えたのか 八ヶ岳の食卓1、2/黒曜石の里) ●第二章 縄文世界の中心(溢れ出す土器第二章/尖石のシンボル 蛇体把手付土器の広がり/想像力をかきたてる抽象文土器/顔面把手土器から釣手土器へ/乱立する土器の華/ふたつの国宝 縄文のビーナス・仮面の女神) ●第三章 去り行く縄文人(そもそも誰がいたのか?/井戸尻文化の陰り/不思議な家と不思議な遺物/消え行く遺跡) ●終章 縄文の旅のすすめ(もうひとつの繁栄 信州の縄文世界に魅せられた人々/あなたと縄文遺跡/八ヶ岳を一周、考古学の旅へ/長野県内の縄文関連施設一覧) ●あとがき
https://shop.shinmai.co.jp/books/upload/save_image/01271345_588ad04de6f59.jpg
旅・歴史
2000
藤森英二 著 定価 本体2,000円+税 A5判並製オールカラー 134ページ 2017年2月 ISBN978-4-7840-7299-6 C0021 さぁ、5000年前の八ヶ岳山ろくの縄文の旅へ―。今の信州・諏訪地方を中心に大繁栄した縄文時代の中期へと、若手研究者が案内するビジュアルガイドです。信州の縄文のすごさは、「縄文のビーナス」「仮面の女神」で知られる国宝土偶だけではありません。芸術品とも呼べる土器・土偶や、遠方からも注目を集めた信州産黒曜石など、意外と知られていない魅力にあふれています。大昔の信州がなぜ栄えたのか、縄文人の暮らしぶりもまじえ、写真とイラスト図をふんだんに使って解説します。著者は「縄文農耕論」で知られる諏訪の考古学者・故藤森栄一氏の孫で、長野県・北相木村考古博物館の学芸員。 【内容】 ●はじめに ●序章 信州の山河と、縄文時代への旅(プロローグ/そもそも縄文時代っていつ?/縄文時代の不思議をちょっと聞いてみました) ●第一章 繁栄の秘密(八ヶ岳の懐/何が彼らを支えたのか 八ヶ岳の食卓1、2/黒曜石の里) ●第二章 縄文世界の中心(溢れ出す土器第二章/尖石のシンボル 蛇体把手付土器の広がり/想像力をかきたてる抽象文土器/顔面把手土器から釣手土器へ/乱立する土器の華/ふたつの国宝 縄文のビーナス・仮面の女神) ●第三章 去り行く縄文人(そもそも誰がいたのか?/井戸尻文化の陰り/不思議な家と不思議な遺物/消え行く遺跡) ●終章 縄文の旅のすすめ(もうひとつの繁栄 信州の縄文世界に魅せられた人々/あなたと縄文遺跡/八ヶ岳を一周、考古学の旅へ/長野県内の縄文関連施設一覧) ●あとがき
10

信州の縄文時代が実はすごかったという本

  • オススメ
商品コード: 978-4-7840-7299-6

信州の縄文時代が実はすごかったという本

販売価格: 2,160 円
関連カテゴリ:

旅・歴史


0人がお気に入り登録しています。

個  数

カゴに入れる

藤森英二 著
定価 本体2,000円+税
A5判並製オールカラー 134ページ
2017年2月
ISBN978-4-7840-7299-6 C0021

さぁ、5000年前の八ヶ岳山ろくの縄文の旅へ―。今の信州・諏訪地方を中心に大繁栄した縄文時代の中期へと、若手研究者が案内するビジュアルガイドです。信州の縄文のすごさは、「縄文のビーナス」「仮面の女神」で知られる国宝土偶だけではありません。芸術品とも呼べる土器・土偶や、遠方からも注目を集めた信州産黒曜石など、意外と知られていない魅力にあふれています。大昔の信州がなぜ栄えたのか、縄文人の暮らしぶりもまじえ、写真とイラスト図をふんだんに使って解説します。著者は「縄文農耕論」で知られる諏訪の考古学者・故藤森栄一氏の孫で、長野県・北相木村考古博物館の学芸員。

【内容】
●はじめに
●序章 信州の山河と、縄文時代への旅(プロローグ/そもそも縄文時代っていつ?/縄文時代の不思議をちょっと聞いてみました)
●第一章 繁栄の秘密(八ヶ岳の懐/何が彼らを支えたのか 八ヶ岳の食卓1、2/黒曜石の里)
●第二章 縄文世界の中心(溢れ出す土器第二章/尖石のシンボル 蛇体把手付土器の広がり/想像力をかきたてる抽象文土器/顔面把手土器から釣手土器へ/乱立する土器の華/ふたつの国宝 縄文のビーナス・仮面の女神)
●第三章 去り行く縄文人(そもそも誰がいたのか?/井戸尻文化の陰り/不思議な家と不思議な遺物/消え行く遺跡)
●終章 縄文の旅のすすめ(もうひとつの繁栄 信州の縄文世界に魅せられた人々/あなたと縄文遺跡/八ヶ岳を一周、考古学の旅へ/長野県内の縄文関連施設一覧)
●あとがき

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

商品閲覧履歴

まだ閲覧履歴がありません。
 

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ログイン

商品検索

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力