商品詳細ページ | 信毎の本 オンラインショップ | 秋山仁の教育羅針盤〔コンパス〕 共に、希望を語ろう
2201
0
秋山仁の教育羅針盤〔コンパス〕 共に、希望を語ろう
https://shop.shinmai.co.jp/books/products/detail.php?product_id=2201
秋山 仁 著 四六判 268ページ 並製 定価 本体1300円+税 ISBN978-4-7840-7310-8 C0037 2017年6月 長髪にバンダナ…。テレビなどのメディアを通じ、おなじみのスタイルで算数・数学の魅力を伝え続ける人気の数学者・秋山仁さん。教育についても幅広く思いを発信し続ける秋山さんが、信濃毎日新聞本紙教育欄のリレーコラム「コンパス」に2005年5月からほぼ月1回のペースで寄稿してきた執筆分92本を単行本にまとめました(寄稿は継続中)。「教育の役割は、人々をやる気にさせ、希望に目覚めさせること」「試験さえパスする力があればいい、という考えは見直そう」。その時々に起きた若者が関わる事件や事故、関心の高い出来事、自身の出会いなどをテーマに取り上げ、教育や未来について共に考えるきっかけ=“羅針盤”となるべく、提言=希望を語り続けます。 【著者プロフィル】秋山 仁(あきやま・じん) 1946(昭和21)年、東京生まれ。数学者、理学博士。東京理科大学教授、同大学理数教育研究センター長。専門は離散幾何学。ミシガン大学数学科客員研究員、日本医科大学助教授、東海大学教授などを経て、現職。NHK教育テレビの数学講座番組への出演をはじめ、テレビ・新聞・雑誌などで数学啓蒙番組や記事を数多く担当し、数学の魅力を広めている。著書は『秋山仁の数学渡世』『数学に恋したくなる話』など数学の啓発書・専門書・訳書のほか、エッセイ集、教育関連も多数。 【コラムタイトル一覧】 希望を語らずして、教育は語れない ~はじめに~/自ら鍛える学びの場/勉強に関心がない子ども/教師五者論/アコーディオンの先生/教え過ぎる日本/納得できる授業へ/教育観とは幸福観/「わが家」でのしつけ/幼児期に学ぶこと/数学が不得手だった少年/ロシアの教育事情/学生の熱意に日中の差/歯科医師家庭の事件/教育改革の本髄/ガーナで実現した教育支援/夏休みの子どもたち/定年退職後の「進路」/子どもの心に溶け込む教育を/徳育と知育のバランス/真に必要な能力とは/知識より知恵を/勉強より大切なこと/北島康介選手の能力/人から好かれる人になれ/途上国での経験/人を知らねばこそ/大人の狭い価値観/「幸せ」とは何か/生徒が主体の授業/ぼくの好きな先生/数学五輪で世界第2位/若者の才能を伸ばす/挫折を乗り越えるには/将来の実りのために/しかり上手/子どもの心に届くか/教育の大切な役割/思いやりが欠如した社会/「懐かしい」子ども時代/真の学力向上に向けて/「理科読」のすすめ/震災で見えたこと/「想定外」に対応する力/韓国の英語教育/なでしこの活躍/欧米の研究者から学ぶこと/読書習慣をつける/恩師の気高い一言/物を見極められる力/変わる米国の教育現場/中学校のダンス必修化/心の教育に目を/セレンディピティ/コッホ先生と僕らの革命/凶悪事件─加害者の来し方/「いじめ」への対応/良き師・良き友との出会い/教育のガラパゴス化/コミュニケーション力を培う/届いたDJポリスの言葉/「道徳」教科化の是非/創造的な人間を育てる/東京理科大に「数学体験館」/ストーカー事件を防ぐには/変質した子どもの遊び/オーバードクター問題/世界の果ての通学路/協同性を育む教育/大切な幼児教育/宿題代行業の繁盛/この子に、この母あり/グローバル時代にかなった学び方/宮沢賢治の授業/中教審の入試改革/川崎の中1男子殺害事件から/どの個性にも両方の可能性/自分の心を知るために/幼児教育の意義/名コーチに学ぶ「役割」/水木しげるさんの訃報/子育ては褒める?叱る?/講談の練習に没頭/進化目覚ましいAI/熊本地震─避難の母の言葉/今日からあなたも芸術家/一人一人に多様な能力/生徒から逃げず一緒に奮闘/いじめや犯罪─加害者の傲慢さ/35年ぶりに見た『北の国から』/VRを通じた新しい学びの形/卒業生に贈る言葉/米国でベストセラー「微積分の本」/あとがき/
https://shop.shinmai.co.jp/books/upload/save_image/05191552_591e9631ce59a.jpg
教養・教育
本紙連載・掲載
1300
秋山 仁 著 四六判 268ページ 並製 定価 本体1300円+税 ISBN978-4-7840-7310-8 C0037 2017年6月 長髪にバンダナ…。テレビなどのメディアを通じ、おなじみのスタイルで算数・数学の魅力を伝え続ける人気の数学者・秋山仁さん。教育についても幅広く思いを発信し続ける秋山さんが、信濃毎日新聞本紙教育欄のリレーコラム「コンパス」に2005年5月からほぼ月1回のペースで寄稿してきた執筆分92本を単行本にまとめました(寄稿は継続中)。「教育の役割は、人々をやる気にさせ、希望に目覚めさせること」「試験さえパスする力があればいい、という考えは見直そう」。その時々に起きた若者が関わる事件や事故、関心の高い出来事、自身の出会いなどをテーマに取り上げ、教育や未来について共に考えるきっかけ=“羅針盤”となるべく、提言=希望を語り続けます。 【著者プロフィル】秋山 仁(あきやま・じん) 1946(昭和21)年、東京生まれ。数学者、理学博士。東京理科大学教授、同大学理数教育研究センター長。専門は離散幾何学。ミシガン大学数学科客員研究員、日本医科大学助教授、東海大学教授などを経て、現職。NHK教育テレビの数学講座番組への出演をはじめ、テレビ・新聞・雑誌などで数学啓蒙番組や記事を数多く担当し、数学の魅力を広めている。著書は『秋山仁の数学渡世』『数学に恋したくなる話』など数学の啓発書・専門書・訳書のほか、エッセイ集、教育関連も多数。 【コラムタイトル一覧】 希望を語らずして、教育は語れない ~はじめに~/自ら鍛える学びの場/勉強に関心がない子ども/教師五者論/アコーディオンの先生/教え過ぎる日本/納得できる授業へ/教育観とは幸福観/「わが家」でのしつけ/幼児期に学ぶこと/数学が不得手だった少年/ロシアの教育事情/学生の熱意に日中の差/歯科医師家庭の事件/教育改革の本髄/ガーナで実現した教育支援/夏休みの子どもたち/定年退職後の「進路」/子どもの心に溶け込む教育を/徳育と知育のバランス/真に必要な能力とは/知識より知恵を/勉強より大切なこと/北島康介選手の能力/人から好かれる人になれ/途上国での経験/人を知らねばこそ/大人の狭い価値観/「幸せ」とは何か/生徒が主体の授業/ぼくの好きな先生/数学五輪で世界第2位/若者の才能を伸ばす/挫折を乗り越えるには/将来の実りのために/しかり上手/子どもの心に届くか/教育の大切な役割/思いやりが欠如した社会/「懐かしい」子ども時代/真の学力向上に向けて/「理科読」のすすめ/震災で見えたこと/「想定外」に対応する力/韓国の英語教育/なでしこの活躍/欧米の研究者から学ぶこと/読書習慣をつける/恩師の気高い一言/物を見極められる力/変わる米国の教育現場/中学校のダンス必修化/心の教育に目を/セレンディピティ/コッホ先生と僕らの革命/凶悪事件─加害者の来し方/「いじめ」への対応/良き師・良き友との出会い/教育のガラパゴス化/コミュニケーション力を培う/届いたDJポリスの言葉/「道徳」教科化の是非/創造的な人間を育てる/東京理科大に「数学体験館」/ストーカー事件を防ぐには/変質した子どもの遊び/オーバードクター問題/世界の果ての通学路/協同性を育む教育/大切な幼児教育/宿題代行業の繁盛/この子に、この母あり/グローバル時代にかなった学び方/宮沢賢治の授業/中教審の入試改革/川崎の中1男子殺害事件から/どの個性にも両方の可能性/自分の心を知るために/幼児教育の意義/名コーチに学ぶ「役割」/水木しげるさんの訃報/子育ては褒める?叱る?/講談の練習に没頭/進化目覚ましいAI/熊本地震─避難の母の言葉/今日からあなたも芸術家/一人一人に多様な能力/生徒から逃げず一緒に奮闘/いじめや犯罪─加害者の傲慢さ/35年ぶりに見た『北の国から』/VRを通じた新しい学びの形/卒業生に贈る言葉/米国でベストセラー「微積分の本」/あとがき/
10

秋山仁の教育羅針盤〔コンパス〕 共に、希望を語ろう

  • NEW
商品コード: 978-4-7840-7310-8

秋山仁の教育羅針盤〔コンパス〕 共に、希望を語ろう

販売価格: 1,404 円
関連カテゴリ:

教養・教育

本紙連載・掲載


1人がお気に入り登録しています。

個  数

カゴに入れる

秋山 仁 著
四六判 268ページ 並製
定価 本体1300円+税
ISBN978-4-7840-7310-8 C0037
2017年6月

長髪にバンダナ…。テレビなどのメディアを通じ、おなじみのスタイルで算数・数学の魅力を伝え続ける人気の数学者・秋山仁さん。教育についても幅広く思いを発信し続ける秋山さんが、信濃毎日新聞本紙教育欄のリレーコラム「コンパス」に2005年5月からほぼ月1回のペースで寄稿してきた執筆分92本を単行本にまとめました(寄稿は継続中)。「教育の役割は、人々をやる気にさせ、希望に目覚めさせること」「試験さえパスする力があればいい、という考えは見直そう」。その時々に起きた若者が関わる事件や事故、関心の高い出来事、自身の出会いなどをテーマに取り上げ、教育や未来について共に考えるきっかけ=“羅針盤”となるべく、提言=希望を語り続けます。

【著者プロフィル】秋山 仁(あきやま・じん)
1946(昭和21)年、東京生まれ。数学者、理学博士。東京理科大学教授、同大学理数教育研究センター長。専門は離散幾何学。ミシガン大学数学科客員研究員、日本医科大学助教授、東海大学教授などを経て、現職。NHK教育テレビの数学講座番組への出演をはじめ、テレビ・新聞・雑誌などで数学啓蒙番組や記事を数多く担当し、数学の魅力を広めている。著書は『秋山仁の数学渡世』『数学に恋したくなる話』など数学の啓発書・専門書・訳書のほか、エッセイ集、教育関連も多数。

【コラムタイトル一覧】
希望を語らずして、教育は語れない ~はじめに~/自ら鍛える学びの場/勉強に関心がない子ども/教師五者論/アコーディオンの先生/教え過ぎる日本/納得できる授業へ/教育観とは幸福観/「わが家」でのしつけ/幼児期に学ぶこと/数学が不得手だった少年/ロシアの教育事情/学生の熱意に日中の差/歯科医師家庭の事件/教育改革の本髄/ガーナで実現した教育支援/夏休みの子どもたち/定年退職後の「進路」/子どもの心に溶け込む教育を/徳育と知育のバランス/真に必要な能力とは/知識より知恵を/勉強より大切なこと/北島康介選手の能力/人から好かれる人になれ/途上国での経験/人を知らねばこそ/大人の狭い価値観/「幸せ」とは何か/生徒が主体の授業/ぼくの好きな先生/数学五輪で世界第2位/若者の才能を伸ばす/挫折を乗り越えるには/将来の実りのために/しかり上手/子どもの心に届くか/教育の大切な役割/思いやりが欠如した社会/「懐かしい」子ども時代/真の学力向上に向けて/「理科読」のすすめ/震災で見えたこと/「想定外」に対応する力/韓国の英語教育/なでしこの活躍/欧米の研究者から学ぶこと/読書習慣をつける/恩師の気高い一言/物を見極められる力/変わる米国の教育現場/中学校のダンス必修化/心の教育に目を/セレンディピティ/コッホ先生と僕らの革命/凶悪事件─加害者の来し方/「いじめ」への対応/良き師・良き友との出会い/教育のガラパゴス化/コミュニケーション力を培う/届いたDJポリスの言葉/「道徳」教科化の是非/創造的な人間を育てる/東京理科大に「数学体験館」/ストーカー事件を防ぐには/変質した子どもの遊び/オーバードクター問題/世界の果ての通学路/協同性を育む教育/大切な幼児教育/宿題代行業の繁盛/この子に、この母あり/グローバル時代にかなった学び方/宮沢賢治の授業/中教審の入試改革/川崎の中1男子殺害事件から/どの個性にも両方の可能性/自分の心を知るために/幼児教育の意義/名コーチに学ぶ「役割」/水木しげるさんの訃報/子育ては褒める?叱る?/講談の練習に没頭/進化目覚ましいAI/熊本地震─避難の母の言葉/今日からあなたも芸術家/一人一人に多様な能力/生徒から逃げず一緒に奮闘/いじめや犯罪─加害者の傲慢さ/35年ぶりに見た『北の国から』/VRを通じた新しい学びの形/卒業生に贈る言葉/米国でベストセラー「微積分の本」/あとがき/

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

商品閲覧履歴

まだ閲覧履歴がありません。
 

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ログイン

商品検索

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力