商品詳細ページ | 信毎の本 オンラインショップ | 失われゆく植物たち 長野県レッドデータ植物図鑑
2210
0
失われゆく植物たち 長野県レッドデータ植物図鑑
https://shop.shinmai.co.jp/books/products/detail.php?product_id=2210
【2017年7月下旬刊行予定】 土田勝義 編著 A5判並製 オールカラー256ページ 本体2,000円(税込み2,160円) ISBN978-4-7840-7311-5 C0045 2017年7月下旬刊行 自然そのものの変化や、土地開発や乱獲、農薬など人為的な行為を原因に、希少な生き物が急激に姿を消しています。長野県は2000年以降、県版レッドデータブックを編纂し、2002~05年に「植物編」を発行。2014年には「レッドデータリスト」として改訂されました。800種以上が掲載された専門性の高い同リストの内容を、広く一般県民に知ってもらい、絶滅危惧種保全に役立てたい―との狙いで誕生したのが、この図鑑です。比較的身近な210種に絞り、「里地」「水辺・湿地」「里山」「草原」「岩場」「高山」の、七つの生育環境で分類。生育地や特徴、類似種など1種1ページで解説します。編著者は、県版レッドデータブックなどのとりまとめ役を務めた、信州大学名誉教授の土田勝義さん。 【編著者・執筆者プロフィル】 土田 勝義(つちだ・かつよし) 信州大学名誉教授・理学博士、元信州大学教養部・農学部教授、植物生態学・地域生態学専攻、信州大学文理学部卒。元長野県レッドデータブック作成委員会委員(植物専門部会部会長)、元長野県レッドリスト改定委員会委員(植物専門部会部会長)。【主な編著書】『長野県の植生』『白馬の自然』『安曇野の自然』『八ヶ岳の自然』(以上編著、信濃毎日新聞社)『白馬の植物と植生』(単著、同)『美ヶ原・霧ヶ峰の植物』『しなの帰化植物図鑑』(以上共著、同) 尾関 雅章(おぜき・まさあき) 長野県環境保全研究所自然環境部研究員、信州大学農学部大学院農学研究科修士課程卒。【主な編著書】『白馬の自然』(分担執筆、信濃毎日新聞社)『変わりゆく信州の自然』『信州の草原―その歴史をさぐる』(以上分担執筆、ほおずき書籍)
https://shop.shinmai.co.jp/books/upload/save_image/07011600_5957487018346.jpg
自然・科学
2000
【2017年7月下旬刊行予定】 土田勝義 編著 A5判並製 オールカラー256ページ 本体2,000円(税込み2,160円) ISBN978-4-7840-7311-5 C0045 2017年7月下旬刊行 自然そのものの変化や、土地開発や乱獲、農薬など人為的な行為を原因に、希少な生き物が急激に姿を消しています。長野県は2000年以降、県版レッドデータブックを編纂し、2002~05年に「植物編」を発行。2014年には「レッドデータリスト」として改訂されました。800種以上が掲載された専門性の高い同リストの内容を、広く一般県民に知ってもらい、絶滅危惧種保全に役立てたい―との狙いで誕生したのが、この図鑑です。比較的身近な210種に絞り、「里地」「水辺・湿地」「里山」「草原」「岩場」「高山」の、七つの生育環境で分類。生育地や特徴、類似種など1種1ページで解説します。編著者は、県版レッドデータブックなどのとりまとめ役を務めた、信州大学名誉教授の土田勝義さん。 【編著者・執筆者プロフィル】 土田 勝義(つちだ・かつよし) 信州大学名誉教授・理学博士、元信州大学教養部・農学部教授、植物生態学・地域生態学専攻、信州大学文理学部卒。元長野県レッドデータブック作成委員会委員(植物専門部会部会長)、元長野県レッドリスト改定委員会委員(植物専門部会部会長)。【主な編著書】『長野県の植生』『白馬の自然』『安曇野の自然』『八ヶ岳の自然』(以上編著、信濃毎日新聞社)『白馬の植物と植生』(単著、同)『美ヶ原・霧ヶ峰の植物』『しなの帰化植物図鑑』(以上共著、同) 尾関 雅章(おぜき・まさあき) 長野県環境保全研究所自然環境部研究員、信州大学農学部大学院農学研究科修士課程卒。【主な編著書】『白馬の自然』(分担執筆、信濃毎日新聞社)『変わりゆく信州の自然』『信州の草原―その歴史をさぐる』(以上分担執筆、ほおずき書籍)
10

失われゆく植物たち 長野県レッドデータ植物図鑑

  • NEW
商品コード: 978-4-7840-7311-5

失われゆく植物たち 長野県レッドデータ植物図鑑

販売価格: 2,160 円
関連カテゴリ:

自然・科学


1人がお気に入り登録しています。

個  数

カゴに入れる

よく一緒に購入されている商品

この商品としなの帰化植物図鑑 2,160 円 をあわせて買う

失われゆく植物たち 長野県レッドデータ植物図鑑

+

しなの帰化植物図鑑

合計価格: 4,320 円

ポイントの合計: 0 Pt

カゴに入れる

この商品と葉でわかる樹木 625種の検索 3,456 円 をあわせて買う

失われゆく植物たち 長野県レッドデータ植物図鑑

+

葉でわかる樹木 625種の検索

合計価格: 5,616 円

ポイントの合計: 0 Pt

カゴに入れる

この商品といっしょに探そう野山の花たち 花色と形でわかる野草図鑑 2,160 円 をあわせて買う

失われゆく植物たち 長野県レッドデータ植物図鑑

+

いっしょに探そう野山の花たち 花色と形でわかる野草図鑑

合計価格: 4,320 円

ポイントの合計: 0 Pt

カゴに入れる

【2017年7月下旬刊行予定】
土田勝義 編著
A5判並製 オールカラー256ページ
本体2,000円(税込み2,160円)
ISBN978-4-7840-7311-5 C0045
2017年7月下旬刊行

自然そのものの変化や、土地開発や乱獲、農薬など人為的な行為を原因に、希少な生き物が急激に姿を消しています。長野県は2000年以降、県版レッドデータブックを編纂し、2002~05年に「植物編」を発行。2014年には「レッドデータリスト」として改訂されました。800種以上が掲載された専門性の高い同リストの内容を、広く一般県民に知ってもらい、絶滅危惧種保全に役立てたい―との狙いで誕生したのが、この図鑑です。比較的身近な210種に絞り、「里地」「水辺・湿地」「里山」「草原」「岩場」「高山」の、七つの生育環境で分類。生育地や特徴、類似種など1種1ページで解説します。編著者は、県版レッドデータブックなどのとりまとめ役を務めた、信州大学名誉教授の土田勝義さん。

【編著者・執筆者プロフィル】
土田 勝義(つちだ・かつよし) 信州大学名誉教授・理学博士、元信州大学教養部・農学部教授、植物生態学・地域生態学専攻、信州大学文理学部卒。元長野県レッドデータブック作成委員会委員(植物専門部会部会長)、元長野県レッドリスト改定委員会委員(植物専門部会部会長)。【主な編著書】『長野県の植生』『白馬の自然』『安曇野の自然』『八ヶ岳の自然』(以上編著、信濃毎日新聞社)『白馬の植物と植生』(単著、同)『美ヶ原・霧ヶ峰の植物』『しなの帰化植物図鑑』(以上共著、同)

尾関 雅章(おぜき・まさあき) 長野県環境保全研究所自然環境部研究員、信州大学農学部大学院農学研究科修士課程卒。【主な編著書】『白馬の自然』(分担執筆、信濃毎日新聞社)『変わりゆく信州の自然』『信州の草原―その歴史をさぐる』(以上分担執筆、ほおずき書籍)

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

商品閲覧履歴

まだ閲覧履歴がありません。
 

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ログイン

商品検索

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力