商品詳細ページ | 信毎の本 オンラインショップ | 追いかけた77の記憶 信州全市町村 戦争体験聞き取りの旅
2216
0
追いかけた77の記憶 信州全市町村 戦争体験聞き取りの旅
https://shop.shinmai.co.jp/books/products/detail.php?product_id=2216
清水まなぶ 著 A5判 並製 オールカラー 288ページ 定価 本体1,600円+消費税 ISBN978-4-7840-7315-3 C0095 2017年10月 音楽活動と並行し、戦争と平和をテーマに歌と講演の活動を続けるシンガーソングライター清水まなぶ(長野市出身)が、戦後70年の2015年から約1年半、長野県内全77市町村を巡り、70代から最高齢101歳まで約90人から聞き取った戦時中や戦後の体験をまとめた。自身初の著書。10代半ばの軍隊生活、銃弾飛び交う戦場、大空襲の猛火、大陸での逃避行、子ども時代の窮乏生活…。壮絶な体験とともに、生き抜く力、若者への思い、郷土の魅力も語る証言者たち。足元を見つめる大切さ、遠い過去の遺物でない戦争、平和の重みをあらためて問いかける。 【著者プロフィル】 清水まなぶ(しみず・まなぶ) 長野市出身。2000年、小室哲哉・木根尚登両氏のプロデュースにより自身作詞作曲の「サンキューニッポン」でデビュー。音楽を中心にテレビ、ラジオ番組出演、俳優、イベントプロデュースとマルチに活動。2007年、祖父の戦争体験を歌った「回想」を発表。以後、戦時体験の聞き取りと講演活動「回想プロジェクト」も始める。2012年よりレストランライブ「A CHAIN OF LOVE マンスリーギャザリング」を毎月開催。 【収録内容】 第1章 遠い青春 軍隊でみたもの 第2章 空襲 燃え上がる街の中で 第3章 異国の戦場 生と死の間で 第4章 出征・帰還 あの日、家族と 第5章 大陸 厳寒の地の果てから 第6章 灯の下 それぞれの終戦 第7章 勤労学徒 国を信じ、ひたすらに 第8章 幼い日の影 今思う戦中戦後
https://shop.shinmai.co.jp/books/upload/save_image/09271728_59cb61148487c.jpg
戦争・戦後
1600
清水まなぶ 著 A5判 並製 オールカラー 288ページ 定価 本体1,600円+消費税 ISBN978-4-7840-7315-3 C0095 2017年10月 音楽活動と並行し、戦争と平和をテーマに歌と講演の活動を続けるシンガーソングライター清水まなぶ(長野市出身)が、戦後70年の2015年から約1年半、長野県内全77市町村を巡り、70代から最高齢101歳まで約90人から聞き取った戦時中や戦後の体験をまとめた。自身初の著書。10代半ばの軍隊生活、銃弾飛び交う戦場、大空襲の猛火、大陸での逃避行、子ども時代の窮乏生活…。壮絶な体験とともに、生き抜く力、若者への思い、郷土の魅力も語る証言者たち。足元を見つめる大切さ、遠い過去の遺物でない戦争、平和の重みをあらためて問いかける。 【著者プロフィル】 清水まなぶ(しみず・まなぶ) 長野市出身。2000年、小室哲哉・木根尚登両氏のプロデュースにより自身作詞作曲の「サンキューニッポン」でデビュー。音楽を中心にテレビ、ラジオ番組出演、俳優、イベントプロデュースとマルチに活動。2007年、祖父の戦争体験を歌った「回想」を発表。以後、戦時体験の聞き取りと講演活動「回想プロジェクト」も始める。2012年よりレストランライブ「A CHAIN OF LOVE マンスリーギャザリング」を毎月開催。 【収録内容】 第1章 遠い青春 軍隊でみたもの 第2章 空襲 燃え上がる街の中で 第3章 異国の戦場 生と死の間で 第4章 出征・帰還 あの日、家族と 第5章 大陸 厳寒の地の果てから 第6章 灯の下 それぞれの終戦 第7章 勤労学徒 国を信じ、ひたすらに 第8章 幼い日の影 今思う戦中戦後
10

追いかけた77の記憶 信州全市町村 戦争体験聞き取りの旅

  • NEW
商品コード: 978-4-7840-7315-3

追いかけた77の記憶 信州全市町村 戦争体験聞き取りの旅

販売価格: 1,728 円
関連カテゴリ:

戦争・戦後


0人がお気に入り登録しています。

個  数

カゴに入れる

清水まなぶ 著
A5判 並製 オールカラー 288ページ
定価 本体1,600円+消費税
ISBN978-4-7840-7315-3 C0095
2017年10月

音楽活動と並行し、戦争と平和をテーマに歌と講演の活動を続けるシンガーソングライター清水まなぶ(長野市出身)が、戦後70年の2015年から約1年半、長野県内全77市町村を巡り、70代から最高齢101歳まで約90人から聞き取った戦時中や戦後の体験をまとめた。自身初の著書。10代半ばの軍隊生活、銃弾飛び交う戦場、大空襲の猛火、大陸での逃避行、子ども時代の窮乏生活…。壮絶な体験とともに、生き抜く力、若者への思い、郷土の魅力も語る証言者たち。足元を見つめる大切さ、遠い過去の遺物でない戦争、平和の重みをあらためて問いかける。

【著者プロフィル】
清水まなぶ(しみず・まなぶ)
長野市出身。2000年、小室哲哉・木根尚登両氏のプロデュースにより自身作詞作曲の「サンキューニッポン」でデビュー。音楽を中心にテレビ、ラジオ番組出演、俳優、イベントプロデュースとマルチに活動。2007年、祖父の戦争体験を歌った「回想」を発表。以後、戦時体験の聞き取りと講演活動「回想プロジェクト」も始める。2012年よりレストランライブ「A CHAIN OF LOVE マンスリーギャザリング」を毎月開催。

【収録内容】
第1章 遠い青春 軍隊でみたもの
第2章 空襲 燃え上がる街の中で
第3章 異国の戦場 生と死の間で
第4章 出征・帰還 あの日、家族と
第5章 大陸 厳寒の地の果てから
第6章 灯の下 それぞれの終戦
第7章 勤労学徒 国を信じ、ひたすらに
第8章 幼い日の影 今思う戦中戦後

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

商品閲覧履歴

まだ閲覧履歴がありません。
 

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ログイン

商品検索

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力