商品詳細ページ | 信毎の本 オンラインショップ | 遥かなる遠山郷 60年前の記憶
2218
0
遥かなる遠山郷 60年前の記憶
https://shop.shinmai.co.jp/books/products/detail.php?product_id=2218
塚原琢哉著 A5判変型(本文サイズ H210×W182㎜) 128ページ 上製 定価 本体2800円+税 2017年11月刊行 978-4-7840-7313-9 0072 神が招いたか 人が拓いたのか 南アルプスの懐に抱かれた、天空の桃源郷 アンリ・カルティエ=ブレッソンに憧れた21歳が> 興奮を抑えきれなかった1958年の遠山郷下栗 いま、幻の写真集が60年の眠りから目を覚ました―。 遠山郷は天竜川の東岸、伊那山脈と南アルプスに挟まれた日本最大の活断層・中央構造線に沿う一大渓谷。その最も奥地に位置する下栗の里は「民俗の宝庫」とも称され、眼前に南アルプスの聖岳がそびえ、眼下には遠山川の流れる深い谷底を望む。最大斜度30度といわれる斜面での農作業や水の苦労など、平地に比べて決して楽とはいえない暮らしを、豊かな民俗知で乗り越えてきた下栗の人々の暮らし。1958年、当時21歳の写真学生だった著者が40日間生活を共にしながら撮影した写真は、今日の価値観からすれば決して豊かとはいえない生活のなかで、大人も子供も幸福感がにじみ出る明るい表情をしているのが印象的だ。昭和30年代の下栗の写真群として民俗学的にも貴重なだけはでない。「真の豊かさ」「真の幸福」とは何か、「大自然に寄り添う人間の営み」とはいかなるものかという問いを、真っ直ぐに突きつけてくる写真集でもある。 【著者プロフィル】塚原琢哉(つかはら・たくや) 1937年東京生まれ。日本大学芸術学部写真学科在学中の58年、遠山郷下栗に滞在。72年にポーランドを訪問後、数十年に渡って何度も訪れ数々の作品を生み出す。次々と新しい創作活動を行い、今もなお独創的な写真を撮り続けている。ポーランド芸術写真家協会名誉会員。写真集に『101のマドンナ』『サボテン幻想』(いずれも毎日新聞社)など。
https://shop.shinmai.co.jp/books/upload/save_image/10131122_59e0236f90e5e.jpg
美術書・写真集
2800
塚原琢哉著 A5判変型(本文サイズ H210×W182㎜) 128ページ 上製 定価 本体2800円+税 2017年11月刊行 978-4-7840-7313-9 0072 神が招いたか 人が拓いたのか 南アルプスの懐に抱かれた、天空の桃源郷 アンリ・カルティエ=ブレッソンに憧れた21歳が> 興奮を抑えきれなかった1958年の遠山郷下栗 いま、幻の写真集が60年の眠りから目を覚ました―。 遠山郷は天竜川の東岸、伊那山脈と南アルプスに挟まれた日本最大の活断層・中央構造線に沿う一大渓谷。その最も奥地に位置する下栗の里は「民俗の宝庫」とも称され、眼前に南アルプスの聖岳がそびえ、眼下には遠山川の流れる深い谷底を望む。最大斜度30度といわれる斜面での農作業や水の苦労など、平地に比べて決して楽とはいえない暮らしを、豊かな民俗知で乗り越えてきた下栗の人々の暮らし。1958年、当時21歳の写真学生だった著者が40日間生活を共にしながら撮影した写真は、今日の価値観からすれば決して豊かとはいえない生活のなかで、大人も子供も幸福感がにじみ出る明るい表情をしているのが印象的だ。昭和30年代の下栗の写真群として民俗学的にも貴重なだけはでない。「真の豊かさ」「真の幸福」とは何か、「大自然に寄り添う人間の営み」とはいかなるものかという問いを、真っ直ぐに突きつけてくる写真集でもある。 【著者プロフィル】塚原琢哉(つかはら・たくや) 1937年東京生まれ。日本大学芸術学部写真学科在学中の58年、遠山郷下栗に滞在。72年にポーランドを訪問後、数十年に渡って何度も訪れ数々の作品を生み出す。次々と新しい創作活動を行い、今もなお独創的な写真を撮り続けている。ポーランド芸術写真家協会名誉会員。写真集に『101のマドンナ』『サボテン幻想』(いずれも毎日新聞社)など。
10

遥かなる遠山郷 60年前の記憶

  • NEW
商品コード: 978-4-7840-7313-9

遥かなる遠山郷 60年前の記憶

販売価格: 3,024 円
関連カテゴリ:

美術書・写真集


0人がお気に入り登録しています。

よく一緒に購入されている商品

この商品と遠山郷霜月祭 あらびるでな 2,160 円 をあわせて買う

遥かなる遠山郷 60年前の記憶

+

遠山郷霜月祭 あらびるでな

合計価格: 5,184 円

ポイントの合計: 0 Pt

カゴに入れる

塚原琢哉著
A5判変型(本文サイズ H210×W182㎜) 128ページ 上製
定価 本体2800円+税
2017年11月刊行
978-4-7840-7313-9 0072

神が招いたか 人が拓いたのか
南アルプスの懐に抱かれた、天空の桃源郷
アンリ・カルティエ=ブレッソンに憧れた21歳が>
興奮を抑えきれなかった1958年の遠山郷下栗
いま、幻の写真集が60年の眠りから目を覚ました―。

遠山郷は天竜川の東岸、伊那山脈と南アルプスに挟まれた日本最大の活断層・中央構造線に沿う一大渓谷。その最も奥地に位置する下栗の里は「民俗の宝庫」とも称され、眼前に南アルプスの聖岳がそびえ、眼下には遠山川の流れる深い谷底を望む。最大斜度30度といわれる斜面での農作業や水の苦労など、平地に比べて決して楽とはいえない暮らしを、豊かな民俗知で乗り越えてきた下栗の人々の暮らし。1958年、当時21歳の写真学生だった著者が40日間生活を共にしながら撮影した写真は、今日の価値観からすれば決して豊かとはいえない生活のなかで、大人も子供も幸福感がにじみ出る明るい表情をしているのが印象的だ。昭和30年代の下栗の写真群として民俗学的にも貴重なだけはでない。「真の豊かさ」「真の幸福」とは何か、「大自然に寄り添う人間の営み」とはいかなるものかという問いを、真っ直ぐに突きつけてくる写真集でもある。

【著者プロフィル】塚原琢哉(つかはら・たくや)
1937年東京生まれ。日本大学芸術学部写真学科在学中の58年、遠山郷下栗に滞在。72年にポーランドを訪問後、数十年に渡って何度も訪れ数々の作品を生み出す。次々と新しい創作活動を行い、今もなお独創的な写真を撮り続けている。ポーランド芸術写真家協会名誉会員。写真集に『101のマドンナ』『サボテン幻想』(いずれも毎日新聞社)など。

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

商品閲覧履歴

まだ閲覧履歴がありません。
 

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ログイン

商品検索

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力