商品詳細ページ | 信毎の本 オンラインショップ | 【信毎選書】島崎藤村『破戒』のモデル 大江磯吉とその時代
2237
0
【信毎選書】島崎藤村『破戒』のモデル 大江磯吉とその時代
https://shop.shinmai.co.jp/books/products/detail.php?product_id=2237
東 栄蔵 著 定価 本体1300円+税 四六判並製 256ページ ISBN978-4-7840-7329-0 C0395 2018年5月 文豪島崎藤村の小説『破戒』の主人公には実在のモデルがいた―。小諸義塾の教師として信州小諸に住んだ若き藤村の心を「ひどく動か」し、『破戒』を書かせる決定的動機となった大江磯吉とは何者なのか。南信州で被差別民として生まれ、貧窮の生活を送り、さまざまな受難と闘いながら、教育者への道を切り開いた磯吉が、みずから培った「忍と力」の哲学とは。 本書は、磯吉が長野県、大阪府、鳥取県、兵庫県をひたすらに駆け抜けた先駆的な34年余の生涯像を地道に探究した評伝。2001年発行の『藤村の「破戒」のモデル 大江磯吉とその時代』に補筆改訂した新装版。藤村が小諸に赴任してから120年が過ぎた今、日本近代の文学史、部落史、教育史における“大江磯吉の生涯と思想”の再評価を試みる意欲作。 【目次】4)目次★ 1 藤村の小諸―大江磯吉の発見  一 小諸義塾教師・島崎藤村  二 『破戒』と大江磯吉 2 長野県時代の大江磯吉  一 家族と生い立ち  二 長野県師範学校から高等師範学校へ  三 長野県尋常師範学校教諭時代  四 教員講習会における差別事件  五 大江磯吉の二人の教え子 3 大阪府尋常師範学校教諭時代  一 大江磯吉の先駆的研究  二 大坂での受難をめぐって 4 鳥取県尋常師範学校教諭時代  一 鳥取師範における教育実践  二 休職処分をめぐって  三 人間として 教育者として 5 兵庫県柏原中学校長、三十四歳の死  一 柏原中学校における学校運営  二 大江磯吉の死をめぐって  三 大江磯吉の生涯から学ぶもの 大江磯吉年譜
https://shop.shinmai.co.jp/books/upload/save_image/05081152_5af110d89e783.jpg
文芸・評論・エッセー
信毎選書
1300
東 栄蔵 著 定価 本体1300円+税 四六判並製 256ページ ISBN978-4-7840-7329-0 C0395 2018年5月 文豪島崎藤村の小説『破戒』の主人公には実在のモデルがいた―。小諸義塾の教師として信州小諸に住んだ若き藤村の心を「ひどく動か」し、『破戒』を書かせる決定的動機となった大江磯吉とは何者なのか。南信州で被差別民として生まれ、貧窮の生活を送り、さまざまな受難と闘いながら、教育者への道を切り開いた磯吉が、みずから培った「忍と力」の哲学とは。 本書は、磯吉が長野県、大阪府、鳥取県、兵庫県をひたすらに駆け抜けた先駆的な34年余の生涯像を地道に探究した評伝。2001年発行の『藤村の「破戒」のモデル 大江磯吉とその時代』に補筆改訂した新装版。藤村が小諸に赴任してから120年が過ぎた今、日本近代の文学史、部落史、教育史における“大江磯吉の生涯と思想”の再評価を試みる意欲作。 【目次】4)目次★ 1 藤村の小諸―大江磯吉の発見  一 小諸義塾教師・島崎藤村  二 『破戒』と大江磯吉 2 長野県時代の大江磯吉  一 家族と生い立ち  二 長野県師範学校から高等師範学校へ  三 長野県尋常師範学校教諭時代  四 教員講習会における差別事件  五 大江磯吉の二人の教え子 3 大阪府尋常師範学校教諭時代  一 大江磯吉の先駆的研究  二 大坂での受難をめぐって 4 鳥取県尋常師範学校教諭時代  一 鳥取師範における教育実践  二 休職処分をめぐって  三 人間として 教育者として 5 兵庫県柏原中学校長、三十四歳の死  一 柏原中学校における学校運営  二 大江磯吉の死をめぐって  三 大江磯吉の生涯から学ぶもの 大江磯吉年譜
10

【信毎選書】島崎藤村『破戒』のモデル 大江磯吉とその時代

  • NEW
商品コード: 978-4-7840-7329-0

【信毎選書】島崎藤村『破戒』のモデル 大江磯吉とその時代

販売価格: 1,404 円

1人がお気に入り登録しています。

個  数

カゴに入れる

よく一緒に購入されている商品

この商品と信州の近代文学を探る 2,057 円 をあわせて買う

【信毎選書】島崎藤村『破戒』のモデル 大江磯吉とその時代

+

信州の近代文学を探る

合計価格: 3,461 円

ポイントの合計: 0 Pt

カゴに入れる

東 栄蔵 著
定価 本体1300円+税
四六判並製 256ページ
ISBN978-4-7840-7329-0 C0395
2018年5月

文豪島崎藤村の小説『破戒』の主人公には実在のモデルがいた―。小諸義塾の教師として信州小諸に住んだ若き藤村の心を「ひどく動か」し、『破戒』を書かせる決定的動機となった大江磯吉とは何者なのか。南信州で被差別民として生まれ、貧窮の生活を送り、さまざまな受難と闘いながら、教育者への道を切り開いた磯吉が、みずから培った「忍と力」の哲学とは。
本書は、磯吉が長野県、大阪府、鳥取県、兵庫県をひたすらに駆け抜けた先駆的な34年余の生涯像を地道に探究した評伝。2001年発行の『藤村の「破戒」のモデル 大江磯吉とその時代』に補筆改訂した新装版。藤村が小諸に赴任してから120年が過ぎた今、日本近代の文学史、部落史、教育史における“大江磯吉の生涯と思想”の再評価を試みる意欲作。

【目次】4)目次★
1 藤村の小諸―大江磯吉の発見
 一 小諸義塾教師・島崎藤村
 二 『破戒』と大江磯吉
2 長野県時代の大江磯吉
 一 家族と生い立ち
 二 長野県師範学校から高等師範学校へ
 三 長野県尋常師範学校教諭時代
 四 教員講習会における差別事件
 五 大江磯吉の二人の教え子
3 大阪府尋常師範学校教諭時代
 一 大江磯吉の先駆的研究
 二 大坂での受難をめぐって
4 鳥取県尋常師範学校教諭時代
 一 鳥取師範における教育実践
 二 休職処分をめぐって
 三 人間として 教育者として
5 兵庫県柏原中学校長、三十四歳の死
 一 柏原中学校における学校運営
 二 大江磯吉の死をめぐって
 三 大江磯吉の生涯から学ぶもの
大江磯吉年譜

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

商品閲覧履歴

まだ閲覧履歴がありません。
 

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ログイン

商品検索

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力