商品詳細ページ | 信毎の本 オンラインショップ | 【信毎選書】満洲分村移民を拒否した村長 佐々木忠綱の生き方と信念
2247
0
【信毎選書】満洲分村移民を拒否した村長 佐々木忠綱の生き方と信念
https://shop.shinmai.co.jp/books/products/detail.php?product_id=2247
大日方 悦夫 著 定価 本体1200円+消費税 四六判並製 214ページ ISBN978-4-7840-7333-7 C0321 2018年8月  戦前、「国策」として進められた中国東北部「満洲」への移民では、全国各地から32万余の移民者が海を渡った。終戦時の移住者27万人のうち約8万人は、二度と故国の土を踏むことはできなかった。長野県内でも、村や地域単位の「分村・分郷」移民によって全国最多の移民を送出したが、これを、自らの信念に基づいて拒否した村長がいた。下伊那郡大下条村(現・阿南町)の村長・佐々木忠綱。国策遂行を迫られた忠綱が下した決断は、もし進めていたら避けられなかった敗戦に伴う悲惨な犠牲から、多くの村民を救うことにつながった。  忠綱の存在と決断は徐々に知られてきたが、「拒否」という行動は記録に残りにくく、何が忠綱をそうさせたのか、また、具体的にどう行動したのか、実態はあまり知られてこなかった。本書では、忠綱本人や家族、周辺の貴重な証言や、役場に残る会議記録など、限られた史料を積み重ねることで「拒否」の実態に迫る一方、忠綱を動かした「学び」への強いこだわりや、それを起点とする地域の礎づくりなど、生き方や信念浮かび上がらせる。 【目次】 第1章 忠綱の原点――教育と医療への思い 第2章 自由大学で学ぶ―生涯の基軸 第3章 満洲移民とは――推進の背景・経緯と長野県 第4章 忠綱が見た満洲移民 第5章 分村移民を拒む――村長2回目での決心 第6章 教育と医療への情熱 第7章 満洲国の崩壊と忠綱の戦後 佐々木忠綱 略年譜 【著者プロフィル】 大日方 悦夫(おびなた・えつお) 1953(昭和28)年、長野県に生まれる。元長野県立高等学校長。現在、高校・専門学校で教える傍ら、地域の近現代史研究に従事。共著・論文は『幻ではなかった本土決戦』(高文研)『ソ満国境虎頭要塞』(青木書店)『戦争遺跡から学ぶ』(岩波新書)『長野県の歴史散歩』(山川出版社)『韓国と日本の交流の記憶』(白帝社)「長野軍政部に関する基礎研究」など。長野市在住。
https://shop.shinmai.co.jp/books/upload/save_image/07041800_5b3c8cbd88253.jpg
信毎選書
戦争・戦後
1200
大日方 悦夫 著 定価 本体1200円+消費税 四六判並製 214ページ ISBN978-4-7840-7333-7 C0321 2018年8月  戦前、「国策」として進められた中国東北部「満洲」への移民では、全国各地から32万余の移民者が海を渡った。終戦時の移住者27万人のうち約8万人は、二度と故国の土を踏むことはできなかった。長野県内でも、村や地域単位の「分村・分郷」移民によって全国最多の移民を送出したが、これを、自らの信念に基づいて拒否した村長がいた。下伊那郡大下条村(現・阿南町)の村長・佐々木忠綱。国策遂行を迫られた忠綱が下した決断は、もし進めていたら避けられなかった敗戦に伴う悲惨な犠牲から、多くの村民を救うことにつながった。  忠綱の存在と決断は徐々に知られてきたが、「拒否」という行動は記録に残りにくく、何が忠綱をそうさせたのか、また、具体的にどう行動したのか、実態はあまり知られてこなかった。本書では、忠綱本人や家族、周辺の貴重な証言や、役場に残る会議記録など、限られた史料を積み重ねることで「拒否」の実態に迫る一方、忠綱を動かした「学び」への強いこだわりや、それを起点とする地域の礎づくりなど、生き方や信念浮かび上がらせる。 【目次】 第1章 忠綱の原点――教育と医療への思い 第2章 自由大学で学ぶ―生涯の基軸 第3章 満洲移民とは――推進の背景・経緯と長野県 第4章 忠綱が見た満洲移民 第5章 分村移民を拒む――村長2回目での決心 第6章 教育と医療への情熱 第7章 満洲国の崩壊と忠綱の戦後 佐々木忠綱 略年譜 【著者プロフィル】 大日方 悦夫(おびなた・えつお) 1953(昭和28)年、長野県に生まれる。元長野県立高等学校長。現在、高校・専門学校で教える傍ら、地域の近現代史研究に従事。共著・論文は『幻ではなかった本土決戦』(高文研)『ソ満国境虎頭要塞』(青木書店)『戦争遺跡から学ぶ』(岩波新書)『長野県の歴史散歩』(山川出版社)『韓国と日本の交流の記憶』(白帝社)「長野軍政部に関する基礎研究」など。長野市在住。
10

【信毎選書】満洲分村移民を拒否した村長 佐々木忠綱の生き方と信念

  • NEW
商品コード: 978-4-7840-7333-7

【信毎選書】満洲分村移民を拒否した村長 佐々木忠綱の生き方と信念

販売価格: 1,296 円
関連カテゴリ:

信毎選書

戦争・戦後


0人がお気に入り登録しています。

よく一緒に購入されている商品

この商品と【信毎選書】満州分村の神話 大日向村は、こう描かれた 1,404 円 をあわせて買う

【信毎選書】満洲分村移民を拒否した村長 佐々木忠綱の生き方と信念

+

【信毎選書】満州分村の神話 大日向村は、こう描かれた

合計価格: 2,700 円

ポイントの合計: 0 Pt

カゴに入れる

この商品と【信毎選書】沈まぬ夕陽 満蒙開拓の今を生きる中島多鶴 1,512 円 をあわせて買う

【信毎選書】満洲分村移民を拒否した村長 佐々木忠綱の生き方と信念

+

【信毎選書】沈まぬ夕陽 満蒙開拓の今を生きる中島多鶴

合計価格: 2,808 円

ポイントの合計: 0 Pt

カゴに入れる

大日方 悦夫 著
定価 本体1200円+消費税
四六判並製 214ページ
ISBN978-4-7840-7333-7 C0321
2018年8月

 戦前、「国策」として進められた中国東北部「満洲」への移民では、全国各地から32万余の移民者が海を渡った。終戦時の移住者27万人のうち約8万人は、二度と故国の土を踏むことはできなかった。長野県内でも、村や地域単位の「分村・分郷」移民によって全国最多の移民を送出したが、これを、自らの信念に基づいて拒否した村長がいた。下伊那郡大下条村(現・阿南町)の村長・佐々木忠綱。国策遂行を迫られた忠綱が下した決断は、もし進めていたら避けられなかった敗戦に伴う悲惨な犠牲から、多くの村民を救うことにつながった。
 忠綱の存在と決断は徐々に知られてきたが、「拒否」という行動は記録に残りにくく、何が忠綱をそうさせたのか、また、具体的にどう行動したのか、実態はあまり知られてこなかった。本書では、忠綱本人や家族、周辺の貴重な証言や、役場に残る会議記録など、限られた史料を積み重ねることで「拒否」の実態に迫る一方、忠綱を動かした「学び」への強いこだわりや、それを起点とする地域の礎づくりなど、生き方や信念浮かび上がらせる。

【目次】
第1章 忠綱の原点――教育と医療への思い
第2章 自由大学で学ぶ―生涯の基軸
第3章 満洲移民とは――推進の背景・経緯と長野県
第4章 忠綱が見た満洲移民
第5章 分村移民を拒む――村長2回目での決心
第6章 教育と医療への情熱
第7章 満洲国の崩壊と忠綱の戦後
佐々木忠綱 略年譜

【著者プロフィル】
大日方 悦夫(おびなた・えつお)
1953(昭和28)年、長野県に生まれる。元長野県立高等学校長。現在、高校・専門学校で教える傍ら、地域の近現代史研究に従事。共著・論文は『幻ではなかった本土決戦』(高文研)『ソ満国境虎頭要塞』(青木書店)『戦争遺跡から学ぶ』(岩波新書)『長野県の歴史散歩』(山川出版社)『韓国と日本の交流の記憶』(白帝社)「長野軍政部に関する基礎研究」など。長野市在住。

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

商品閲覧履歴

まだ閲覧履歴がありません。
 

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ログイン

商品検索

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力