商品詳細ページ | 信毎の本 オンラインショップ | 広い世界とつながる信州 信州を学ぶ◎視野を育てる編
2257
0
広い世界とつながる信州 信州を学ぶ◎視野を育てる編
https://shop.shinmai.co.jp/books/products/detail.php?product_id=2257
長野県立歴史館 編 四六判並製 282ページ ISBN978-4-7840-7341-2 C0021 本体1400円+税 2018年11月 信州を行き交い、発信され、さまざまな“世界”とつながってきた人、モノ、文化。 ◇長野県立歴史館 編 ◇四六判並製 ◇282ページ ◇2018年11月  信州を行き交い、発信され、さまざまな“世界”とつながってきた人、モノ、文化―。長野県立歴史館が総力を挙げて刊行する「信州を学ぶ」シリーズの第2弾。  広い視野からひもとく信州の歴史雑学として、最古の信州ブランド品である黒曜石、全国に広がる諏訪信仰のほか、近代信州とは切っても切れない蚕糸業、1998年の長野冬季五輪の遺産など、興味深い23話を集めました。同館や県内で所蔵される史料や遺跡を例に挙げながら、同館の学芸員らが専門分野からわかりやすく掘り下げます。 【編者紹介】 平成6(1994)年、考古資料、歴史的価値を有する文書、その他歴史資料等の収集・保存、長野県民の利用と文化振興を目的に開館。博物館の企画運営のほか、埋蔵文化財の保存・公開、行政文書・古文書の収蔵・整理などを行っている。 【目次】 第1章 海への憧れは距離を超える  大陸系磨製石斧の一大プラント  諏訪信仰はこうして広がった  城跡が語る信濃の境目  伊那谷が慈しんだ人形芝居  松本城に博覧会がやって来る!  文化の十字路は祭りの宝庫   第2章 黒曜石は輝ける最古の信州ブランド  川中島が読み解いた歴史の狭間  博物館の父は飯田から羽ばたいた  「世界のシルク王」が描いた夢は  野球に青春をかけた教師たち  上田から広まった自由大学運動  学校と森林の長くて深い関係   第3章 シナノの古墳に眠る渡来文化  善光寺信仰と東アジアのつながり  世界も驚いた松本城下の水事情  ヨーロッパを目指した若き才能  戦争遺跡が記録する消えない記憶  受け継いでゆく長野五輪の遺産 コラム  鷹狩/学校登山/戦時中の労働
https://shop.shinmai.co.jp/books/upload/save_image/10251134_5bd12bb4bdb70.jpg
旅・歴史
1400
長野県立歴史館 編 四六判並製 282ページ ISBN978-4-7840-7341-2 C0021 本体1400円+税 2018年11月 信州を行き交い、発信され、さまざまな“世界”とつながってきた人、モノ、文化。 ◇長野県立歴史館 編 ◇四六判並製 ◇282ページ ◇2018年11月  信州を行き交い、発信され、さまざまな“世界”とつながってきた人、モノ、文化―。長野県立歴史館が総力を挙げて刊行する「信州を学ぶ」シリーズの第2弾。  広い視野からひもとく信州の歴史雑学として、最古の信州ブランド品である黒曜石、全国に広がる諏訪信仰のほか、近代信州とは切っても切れない蚕糸業、1998年の長野冬季五輪の遺産など、興味深い23話を集めました。同館や県内で所蔵される史料や遺跡を例に挙げながら、同館の学芸員らが専門分野からわかりやすく掘り下げます。 【編者紹介】 平成6(1994)年、考古資料、歴史的価値を有する文書、その他歴史資料等の収集・保存、長野県民の利用と文化振興を目的に開館。博物館の企画運営のほか、埋蔵文化財の保存・公開、行政文書・古文書の収蔵・整理などを行っている。 【目次】 第1章 海への憧れは距離を超える  大陸系磨製石斧の一大プラント  諏訪信仰はこうして広がった  城跡が語る信濃の境目  伊那谷が慈しんだ人形芝居  松本城に博覧会がやって来る!  文化の十字路は祭りの宝庫   第2章 黒曜石は輝ける最古の信州ブランド  川中島が読み解いた歴史の狭間  博物館の父は飯田から羽ばたいた  「世界のシルク王」が描いた夢は  野球に青春をかけた教師たち  上田から広まった自由大学運動  学校と森林の長くて深い関係   第3章 シナノの古墳に眠る渡来文化  善光寺信仰と東アジアのつながり  世界も驚いた松本城下の水事情  ヨーロッパを目指した若き才能  戦争遺跡が記録する消えない記憶  受け継いでゆく長野五輪の遺産 コラム  鷹狩/学校登山/戦時中の労働
10

広い世界とつながる信州 信州を学ぶ◎視野を育てる編

  • NEW
商品コード: 978-4-7840-7341-2

広い世界とつながる信州 信州を学ぶ◎視野を育てる編

販売価格: 1,512 円
関連カテゴリ:

旅・歴史


0人がお気に入り登録しています。

よく一緒に購入されている商品

この商品と日常生活からひもとく信州 信州を学ぶ◎足元を探る編 1,512 円 をあわせて買う

広い世界とつながる信州 信州を学ぶ◎視野を育てる編

+

日常生活からひもとく信州 信州を学ぶ◎足元を探る編

合計価格: 3,024 円

ポイントの合計: 0 Pt

カゴに入れる

長野県立歴史館 編
四六判並製 282ページ
ISBN978-4-7840-7341-2 C0021
本体1400円+税
2018年11月

信州を行き交い、発信され、さまざまな“世界”とつながってきた人、モノ、文化。
◇長野県立歴史館 編 ◇四六判並製 ◇282ページ ◇2018年11月

 信州を行き交い、発信され、さまざまな“世界”とつながってきた人、モノ、文化―。長野県立歴史館が総力を挙げて刊行する「信州を学ぶ」シリーズの第2弾。
 広い視野からひもとく信州の歴史雑学として、最古の信州ブランド品である黒曜石、全国に広がる諏訪信仰のほか、近代信州とは切っても切れない蚕糸業、1998年の長野冬季五輪の遺産など、興味深い23話を集めました。同館や県内で所蔵される史料や遺跡を例に挙げながら、同館の学芸員らが専門分野からわかりやすく掘り下げます。

【編者紹介】
平成6(1994)年、考古資料、歴史的価値を有する文書、その他歴史資料等の収集・保存、長野県民の利用と文化振興を目的に開館。博物館の企画運営のほか、埋蔵文化財の保存・公開、行政文書・古文書の収蔵・整理などを行っている。

【目次】
第1章 海への憧れは距離を超える
 大陸系磨製石斧の一大プラント
 諏訪信仰はこうして広がった
 城跡が語る信濃の境目
 伊那谷が慈しんだ人形芝居
 松本城に博覧会がやって来る!
 文化の十字路は祭りの宝庫
 
第2章 黒曜石は輝ける最古の信州ブランド
 川中島が読み解いた歴史の狭間
 博物館の父は飯田から羽ばたいた
 「世界のシルク王」が描いた夢は
 野球に青春をかけた教師たち
 上田から広まった自由大学運動
 学校と森林の長くて深い関係
 
第3章 シナノの古墳に眠る渡来文化
 善光寺信仰と東アジアのつながり
 世界も驚いた松本城下の水事情
 ヨーロッパを目指した若き才能
 戦争遺跡が記録する消えない記憶
 受け継いでゆく長野五輪の遺産

コラム
 鷹狩/学校登山/戦時中の労働

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

商品閲覧履歴

まだ閲覧履歴がありません。
 

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ログイン

商品検索

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力