商品詳細ページ | 信毎の本 オンラインショップ | 野菊の野菊的こころ 我が三行コントの記録
2275
0
野菊の野菊的こころ 我が三行コントの記録
https://shop.shinmai.co.jp/books/products/detail.php?product_id=2275
赤塩 富夫 著 定価 本体1,500円+消費税 A5判並製 288ページ ISBN978-4-7840-8828-7 C0095 2019年8月 病気療養する母親の介護を機に、新聞投稿を始めた社会風刺三行コントの自選作品集。1997年春以来、愛妻とともに信濃毎日新聞「やまびこ」欄をはじめ全国紙や各地方紙に投稿し、採用されたコントは2人合わせて約2200本。その中から1100本余を収録した。 2007年、最愛の妻が病気で死去。ショックで一時コントから離れたものの、立ち直って投稿を再開。妻の13回忌に合わせ、会長を務める「信州ウソくらぶ」会報に連載中の風刺精神満載のコラムとともにまとめた。投稿仲間の林明子さんが描いた漫画・イラストも楽しい。タイトルは、敬愛してやまない俳優小沢昭一さんの人気ラジオ番組名にちなむ。 【目次】 第1章 寝たきりの母を看ながら闘病中の妻と『百言居士』『小言居士』コンビでコントづくり  (三行コント作品集 平成9年3月~19年7月) 第2章 野菊の如きつぶやき  (信州ウソくらぶ会報 平成24年7月~27年12月から抜粋) 第3章 野菊に生まれ変わってコント再開  (三行コント作品集 平成21年5月~30年12月) 第4章 野菊の野菊的こころ  (信州ウソくらぶ会報から転載 平成28年1月~30年12月) 【著者プロフィル】あかしお・とみお 1942年東京生まれ。屋代東高校卒、元長野県職員。1997年3月、信濃毎日新聞読者投稿欄の三行コント「やまびこ」に投稿を開始。以来、全国紙や各地方紙に投稿を重ね、2018年までに2000本以上が採用された。ペンネームは「百言居士」「野菊」。現在、やまびこ投稿者などでつくる「信州ウソくらぶ」の7代目会長。長野市在住。
https://shop.shinmai.co.jp/books/upload/save_image/07191141_5d312dec84fc4.jpg
自費出版物
1500
赤塩 富夫 著 定価 本体1,500円+消費税 A5判並製 288ページ ISBN978-4-7840-8828-7 C0095 2019年8月 病気療養する母親の介護を機に、新聞投稿を始めた社会風刺三行コントの自選作品集。1997年春以来、愛妻とともに信濃毎日新聞「やまびこ」欄をはじめ全国紙や各地方紙に投稿し、採用されたコントは2人合わせて約2200本。その中から1100本余を収録した。 2007年、最愛の妻が病気で死去。ショックで一時コントから離れたものの、立ち直って投稿を再開。妻の13回忌に合わせ、会長を務める「信州ウソくらぶ」会報に連載中の風刺精神満載のコラムとともにまとめた。投稿仲間の林明子さんが描いた漫画・イラストも楽しい。タイトルは、敬愛してやまない俳優小沢昭一さんの人気ラジオ番組名にちなむ。 【目次】 第1章 寝たきりの母を看ながら闘病中の妻と『百言居士』『小言居士』コンビでコントづくり  (三行コント作品集 平成9年3月~19年7月) 第2章 野菊の如きつぶやき  (信州ウソくらぶ会報 平成24年7月~27年12月から抜粋) 第3章 野菊に生まれ変わってコント再開  (三行コント作品集 平成21年5月~30年12月) 第4章 野菊の野菊的こころ  (信州ウソくらぶ会報から転載 平成28年1月~30年12月) 【著者プロフィル】あかしお・とみお 1942年東京生まれ。屋代東高校卒、元長野県職員。1997年3月、信濃毎日新聞読者投稿欄の三行コント「やまびこ」に投稿を開始。以来、全国紙や各地方紙に投稿を重ね、2018年までに2000本以上が採用された。ペンネームは「百言居士」「野菊」。現在、やまびこ投稿者などでつくる「信州ウソくらぶ」の7代目会長。長野市在住。
10

野菊の野菊的こころ 我が三行コントの記録

  • NEW
  • 限定品
商品コード: 978-4-7840-8828-7

野菊の野菊的こころ 我が三行コントの記録

販売価格: 1,620 円
関連カテゴリ:

自費出版物


0人がお気に入り登録しています。

個  数

カゴに入れる

赤塩 富夫 著
定価 本体1,500円+消費税
A5判並製 288ページ
ISBN978-4-7840-8828-7 C0095
2019年8月

病気療養する母親の介護を機に、新聞投稿を始めた社会風刺三行コントの自選作品集。1997年春以来、愛妻とともに信濃毎日新聞「やまびこ」欄をはじめ全国紙や各地方紙に投稿し、採用されたコントは2人合わせて約2200本。その中から1100本余を収録した。
2007年、最愛の妻が病気で死去。ショックで一時コントから離れたものの、立ち直って投稿を再開。妻の13回忌に合わせ、会長を務める「信州ウソくらぶ」会報に連載中の風刺精神満載のコラムとともにまとめた。投稿仲間の林明子さんが描いた漫画・イラストも楽しい。タイトルは、敬愛してやまない俳優小沢昭一さんの人気ラジオ番組名にちなむ。

【目次】
第1章 寝たきりの母を看ながら闘病中の妻と『百言居士』『小言居士』コンビでコントづくり
 (三行コント作品集 平成9年3月~19年7月)
第2章 野菊の如きつぶやき
 (信州ウソくらぶ会報 平成24年7月~27年12月から抜粋)
第3章 野菊に生まれ変わってコント再開
 (三行コント作品集 平成21年5月~30年12月)
第4章 野菊の野菊的こころ
 (信州ウソくらぶ会報から転載 平成28年1月~30年12月)

【著者プロフィル】あかしお・とみお
1942年東京生まれ。屋代東高校卒、元長野県職員。1997年3月、信濃毎日新聞読者投稿欄の三行コント「やまびこ」に投稿を開始。以来、全国紙や各地方紙に投稿を重ね、2018年までに2000本以上が採用された。ペンネームは「百言居士」「野菊」。現在、やまびこ投稿者などでつくる「信州ウソくらぶ」の7代目会長。長野市在住。

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

商品閲覧履歴

まだ閲覧履歴がありません。
 

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ログイン

商品検索

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力