商品詳細ページ | 信毎の本 オンラインショップ | 緊急報道写真集 2019.10台風19号 長野県災害の記録
2284
0
緊急報道写真集 2019.10台風19号 長野県災害の記録
https://shop.shinmai.co.jp/books/products/detail.php?product_id=2284
【弊社からの発送は11月1日以降となります。それまでのご購入は「予約扱い」となります】 ※本書販売の収益は、義援金として寄付いたします。 ※当ショップの端数処理のシステムの都合上、決済の過程で本体価格が「819円」と表示されますが、税込総額は900円となります。ご了承ください。 信濃毎日新聞社編集局 編 定価 900円(税込、本体818円) A4判・中綴じ オールカラー52ページ ISBN978-4-7840-7361-0 C0072 2019年11月 2019年10月12~13日に日本列島に上陸した極めて強い勢力の台風19号は、長野県内にも記録的な大雨をもたらしました。1983(昭和58)年以来となる千曲川の堤防決壊によって長野市北部の広範囲に浸水被害が及んだほか、流域の東北信各地で越水、堤防崩落、橋の崩壊などの爪痕を残し、死者3人不明2人、住宅浸水9400戸超という甚大な被害となりました。また、前代未聞となる北陸新幹線の車両の浸水や長期の特急運休、高速道路の一時期通行止め、収穫を控えたリンゴの落果、下水道処理場の機能停止など、住民の日常生活にも大きな影響を及ぼしています。被害地域が広範囲に及び、全容の把握と復旧にはまだ時間が掛かりそうです。 本写真集では、災害の重大さをいち早く県内をはじめ全国に伝えるとともに、今後の防災への指針とするため、被害や復旧の様子を中心に県内全域で記者が追った動きを伝えます。 なお、本写真集の収益は、被災地支援の義援金として寄付いたします。 ●内容 各地の被害の様子  長野/上田・東御/佐久地方/飯山・中野・須坂/中信・南信 備えと前兆 復旧への槌音 被害まとめ・関連記事、全国の被害状況、過去の千曲川水害
https://shop.shinmai.co.jp/books/upload/save_image/10241110_5db107fbc5fa3.jpg
社会・ノンフィクション
819
【弊社からの発送は11月1日以降となります。それまでのご購入は「予約扱い」となります】 ※本書販売の収益は、義援金として寄付いたします。 ※当ショップの端数処理のシステムの都合上、決済の過程で本体価格が「819円」と表示されますが、税込総額は900円となります。ご了承ください。 信濃毎日新聞社編集局 編 定価 900円(税込、本体818円) A4判・中綴じ オールカラー52ページ ISBN978-4-7840-7361-0 C0072 2019年11月 2019年10月12~13日に日本列島に上陸した極めて強い勢力の台風19号は、長野県内にも記録的な大雨をもたらしました。1983(昭和58)年以来となる千曲川の堤防決壊によって長野市北部の広範囲に浸水被害が及んだほか、流域の東北信各地で越水、堤防崩落、橋の崩壊などの爪痕を残し、死者3人不明2人、住宅浸水9400戸超という甚大な被害となりました。また、前代未聞となる北陸新幹線の車両の浸水や長期の特急運休、高速道路の一時期通行止め、収穫を控えたリンゴの落果、下水道処理場の機能停止など、住民の日常生活にも大きな影響を及ぼしています。被害地域が広範囲に及び、全容の把握と復旧にはまだ時間が掛かりそうです。 本写真集では、災害の重大さをいち早く県内をはじめ全国に伝えるとともに、今後の防災への指針とするため、被害や復旧の様子を中心に県内全域で記者が追った動きを伝えます。 なお、本写真集の収益は、被災地支援の義援金として寄付いたします。 ●内容 各地の被害の様子  長野/上田・東御/佐久地方/飯山・中野・須坂/中信・南信 備えと前兆 復旧への槌音 被害まとめ・関連記事、全国の被害状況、過去の千曲川水害
10

緊急報道写真集 2019.10台風19号 長野県災害の記録

  • NEW
商品コード: 978-4-7840-7361-0

緊急報道写真集 2019.10台風19号 長野県災害の記録

販売価格: 900 円
関連カテゴリ:

社会・ノンフィクション


0人がお気に入り登録しています。

個  数

カゴに入れる

【弊社からの発送は11月1日以降となります。それまでのご購入は「予約扱い」となります】
※本書販売の収益は、義援金として寄付いたします。
※当ショップの端数処理のシステムの都合上、決済の過程で本体価格が「819円」と表示されますが、税込総額は900円となります。ご了承ください。

信濃毎日新聞社編集局 編
定価 900円(税込、本体818円)
A4判・中綴じ オールカラー52ページ
ISBN978-4-7840-7361-0 C0072
2019年11月

2019年10月12~13日に日本列島に上陸した極めて強い勢力の台風19号は、長野県内にも記録的な大雨をもたらしました。1983(昭和58)年以来となる千曲川の堤防決壊によって長野市北部の広範囲に浸水被害が及んだほか、流域の東北信各地で越水、堤防崩落、橋の崩壊などの爪痕を残し、死者3人不明2人、住宅浸水9400戸超という甚大な被害となりました。また、前代未聞となる北陸新幹線の車両の浸水や長期の特急運休、高速道路の一時期通行止め、収穫を控えたリンゴの落果、下水道処理場の機能停止など、住民の日常生活にも大きな影響を及ぼしています。被害地域が広範囲に及び、全容の把握と復旧にはまだ時間が掛かりそうです。
本写真集では、災害の重大さをいち早く県内をはじめ全国に伝えるとともに、今後の防災への指針とするため、被害や復旧の様子を中心に県内全域で記者が追った動きを伝えます。
なお、本写真集の収益は、被災地支援の義援金として寄付いたします。

●内容
各地の被害の様子
 長野/上田・東御/佐久地方/飯山・中野・須坂/中信・南信
備えと前兆
復旧への槌音
被害まとめ・関連記事、全国の被害状況、過去の千曲川水害

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

商品閲覧履歴

まだ閲覧履歴がありません。
 

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ログイン

商品検索

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力