商品詳細ページ | 信毎の本 オンラインショップ | RESPECT2《リスペクト2》 監督の挑戦と覚悟
2294
0
RESPECT2《リスペクト2》 監督の挑戦と覚悟
https://shop.shinmai.co.jp/books/products/detail.php?product_id=2294
反町康治 著 定価 本体1400円+消費税 四六判並製 166ページ+巻頭カラー8ページ ISBN978-4-7840-7365-8 C0075 2020年4月 気の休まることのない サッカー監督の仕事。 J1昇格に2度導きつつも 選手には心構えを説き、 自らも学び、戒め続けた 知将の視点、完結編――。 松本山雅フットボールクラブ(FC)をJ2昇格の2012年から指揮してきた反町康治氏が、2度目のJ1を戦った19年シーズンをもって監督を退きました。就任以来、信濃毎日新聞本紙に原則月1回書き続けてきたコラム『RESPECT(リスペクト)』は、松本山雅FCの8年間にわたる成長の軌跡、自身の生き方、地方・日本・世界を見渡すサッカー論であると同時に、指導者論や人材育成、地域と歩む姿勢など、考え、悩み、挑戦してきたからこそ心に届く、普遍性を持った内容にあふれています。プロスポーツが希薄だった長野県において、その発展の先頭を走って来た人の考えを伝えるものとして、サッカーというジャンルを越えて、残していきたい文章群です。前作(2016年4月刊)の完結編として、2016年4月~2019年12月掲載の40編を収録。本紙掲載写真で構成する巻頭カラー特集「反町康治 松本山雅の8年」のほか、8年間の成績一覧、2016~2019各シーズンの戦績・在籍選手一覧といったデータも充実させました。 ●著者略歴 1964年3月、埼玉県出身。静岡・清水車高、慶鹿義塾大を経て全日空入社。会社員のまま日本リーグ1部の全日空サッカークラブとJリーグの横浜フリューゲルスでプレーし、1990、91年に日本代表として国際試合に出場。94年にプロ契約でベルマーレ平塚(現・湘南ベルマーレ)へ。97年現役引退。Jリーグのクラブでは新潟(2001~05年)、湘南(09~H年)で監督を務め、いずれもJ1へ昇格。08年にはU―23日本代表(北京五輪出場)を率いた。松本山雅FCにはJ2昇格の12年に監督就任し、14年、18年の2度J1昇格に導いた。J1を戦った19年を最後に松本山雅の監督を退任。
https://shop.shinmai.co.jp/books/upload/save_image/03111545_5e68890b1795a.jpg
スポーツ
本紙連載・掲載
1400
反町康治 著 定価 本体1400円+消費税 四六判並製 166ページ+巻頭カラー8ページ ISBN978-4-7840-7365-8 C0075 2020年4月 気の休まることのない サッカー監督の仕事。 J1昇格に2度導きつつも 選手には心構えを説き、 自らも学び、戒め続けた 知将の視点、完結編――。 松本山雅フットボールクラブ(FC)をJ2昇格の2012年から指揮してきた反町康治氏が、2度目のJ1を戦った19年シーズンをもって監督を退きました。就任以来、信濃毎日新聞本紙に原則月1回書き続けてきたコラム『RESPECT(リスペクト)』は、松本山雅FCの8年間にわたる成長の軌跡、自身の生き方、地方・日本・世界を見渡すサッカー論であると同時に、指導者論や人材育成、地域と歩む姿勢など、考え、悩み、挑戦してきたからこそ心に届く、普遍性を持った内容にあふれています。プロスポーツが希薄だった長野県において、その発展の先頭を走って来た人の考えを伝えるものとして、サッカーというジャンルを越えて、残していきたい文章群です。前作(2016年4月刊)の完結編として、2016年4月~2019年12月掲載の40編を収録。本紙掲載写真で構成する巻頭カラー特集「反町康治 松本山雅の8年」のほか、8年間の成績一覧、2016~2019各シーズンの戦績・在籍選手一覧といったデータも充実させました。 ●著者略歴 1964年3月、埼玉県出身。静岡・清水車高、慶鹿義塾大を経て全日空入社。会社員のまま日本リーグ1部の全日空サッカークラブとJリーグの横浜フリューゲルスでプレーし、1990、91年に日本代表として国際試合に出場。94年にプロ契約でベルマーレ平塚(現・湘南ベルマーレ)へ。97年現役引退。Jリーグのクラブでは新潟(2001~05年)、湘南(09~H年)で監督を務め、いずれもJ1へ昇格。08年にはU―23日本代表(北京五輪出場)を率いた。松本山雅FCにはJ2昇格の12年に監督就任し、14年、18年の2度J1昇格に導いた。J1を戦った19年を最後に松本山雅の監督を退任。
10

RESPECT2《リスペクト2》 監督の挑戦と覚悟

  • NEW
  • オススメ
商品コード: 978-4-7840-7365-8

RESPECT2《リスペクト2》 監督の挑戦と覚悟

販売価格: 1,540 円
関連カテゴリ:

スポーツ

本紙連載・掲載


3人がお気に入り登録しています。

個  数

カゴに入れる

よく一緒に購入されている商品

この商品とRESPECT《リスペクト》 監督の仕事と視点 1,540 円 をあわせて買う

RESPECT2《リスペクト2》 監督の挑戦と覚悟

+

RESPECT《リスペクト》 監督の仕事と視点

合計価格: 3,080 円

ポイントの合計: 0 Pt

カゴに入れる

反町康治 著
定価 本体1400円+消費税
四六判並製 166ページ+巻頭カラー8ページ
ISBN978-4-7840-7365-8 C0075
2020年4月

気の休まることのない
サッカー監督の仕事。
J1昇格に2度導きつつも
選手には心構えを説き、
自らも学び、戒め続けた
知将の視点、完結編――。

松本山雅フットボールクラブ(FC)をJ2昇格の2012年から指揮してきた反町康治氏が、2度目のJ1を戦った19年シーズンをもって監督を退きました。就任以来、信濃毎日新聞本紙に原則月1回書き続けてきたコラム『RESPECT(リスペクト)』は、松本山雅FCの8年間にわたる成長の軌跡、自身の生き方、地方・日本・世界を見渡すサッカー論であると同時に、指導者論や人材育成、地域と歩む姿勢など、考え、悩み、挑戦してきたからこそ心に届く、普遍性を持った内容にあふれています。プロスポーツが希薄だった長野県において、その発展の先頭を走って来た人の考えを伝えるものとして、サッカーというジャンルを越えて、残していきたい文章群です。前作(2016年4月刊)の完結編として、2016年4月~2019年12月掲載の40編を収録。本紙掲載写真で構成する巻頭カラー特集「反町康治 松本山雅の8年」のほか、8年間の成績一覧、2016~2019各シーズンの戦績・在籍選手一覧といったデータも充実させました。

●著者略歴
1964年3月、埼玉県出身。静岡・清水車高、慶鹿義塾大を経て全日空入社。会社員のまま日本リーグ1部の全日空サッカークラブとJリーグの横浜フリューゲルスでプレーし、1990、91年に日本代表として国際試合に出場。94年にプロ契約でベルマーレ平塚(現・湘南ベルマーレ)へ。97年現役引退。Jリーグのクラブでは新潟(2001~05年)、湘南(09~H年)で監督を務め、いずれもJ1へ昇格。08年にはU―23日本代表(北京五輪出場)を率いた。松本山雅FCにはJ2昇格の12年に監督就任し、14年、18年の2度J1昇格に導いた。J1を戦った19年を最後に松本山雅の監督を退任。

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

商品閲覧履歴

まだ閲覧履歴がありません。
 

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ログイン

商品検索

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力